シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.

映画『ナルニア国物語』シリーズのプロデューサーが39歳の若さで死去

映画『ナルニア国物語』シリーズのプロデューサーが39歳の若さで死去
ご冥福をお祈りいたします-ペリー・ムーア氏 - Bryan Bedder / Getty Images

 日本でも25日から公開となる映画映画『ナルニア国物語/第3章:アスラン王と魔法の島』の製作総指揮を務めているプロデューサー、ペリー・ムーア氏が、自宅の浴室で死去しているのが発見された。享年39歳。

 ムーア氏はマンハッタンの自宅の浴室で意識不明のところを発見され、その後、病院で死亡が確認された。死因について警察は、今後調査で明らかになると語っているが、殺人事件の疑いはなく、薬の過剰摂取が疑われている。

 ムーア氏は、C・S・ルイス原作の小説を映画化した『ナルニア国物語』シリーズ3作のプロデューサーを務めたほか、2008年にはシシー・スペイセク主演の映画『レイク・シティ(原題) / Lake City』の共同監督も務めた。また、2007年には同性愛者のヒーローを描いた小説「ヒーロー」で、優れた同性愛小説に贈られるラムダ文学賞を受賞している。


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2011年
  3. 2月
  4. 21日
  5. 映画『ナルニア国物語』シリーズのプロデューサーが39歳の若さで死去