シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.

仲村トオル、緒川たまきに共演していた過去を忘れられる 若手学生監督たちには賞賛の言葉

仲村トオル、緒川たまきに共演していた過去を忘れられる 若手学生監督たちには賞賛の言葉
ほほ笑ましいエピソードと共に、学生たちを賞賛した仲村トオル

 26日、東京芸術大学の学生たちが監督を務めるオムニバス映画『紙風船』の公開初日舞台あいさつが渋谷・ユーロスペースで行われ、出演した仲村トオルと緒川たまきがユーモアあふれる温かいトークで4人の若手監督(秋野翔一監督、廣原暁監督、眞田康平監督、吉川諒監督)にエールを送った。

 共演した緒川の印象について聞かれた仲村は「緒川さんは初めての共演だと思っているでしょうけど、かなり前に市川崑監督の『娘の結婚』という作品で共演したのを僕は覚えています。僕はこんなに(体が)でかいのに忘れられることがよくあるんです」とややうらめしそうにコメントすると、緒川は申し訳なさそうにしつつもおかしさをこらえきれない様子。そのやり取りに会場は笑いに包まれた。それでも緒川の「この作品では仲村さんと夫婦役で昨年の夏に撮影をした。その年末には舞台で兄弟を演じました。今では毎日お会いしてないのが不思議なくらいで、(仲村が)隣にいると落ち着きます」とのコメントに、仲村もまんざらでもなさそうにほほを緩めていた。

 企画プロデュースや撮影、配給など、すべての製作工程を学生たちが手掛けた本作。プロの現場との違いについて聞かれた仲村は「クランクアップのときに記念撮影をしたのだが、そのときの段取りが悪かった。写真も上半分の人たちの顔が映っていなかったり、そういうところがアマチュアっぽいかな」とジョーク交じりにツッコミを入れるも、「現場で何か足りないと感じたことは全くないです」と学生たちを褒め称えた。緒川も「プロの現場だと上下関係が見えがちだが、それぞれが自分の持ち場を越えて助け合っているのを見て、なんて素敵なんだろうと感激しました」と語った。

 まだまだ震災の余波が続く中、「皆様の心の休養になれば」という主催者の思いで決行されたこの日の舞台あいさつ。実力派俳優からの温かい言葉に、身を縮めて恐縮しきりだった秋野監督らは「こういう状況ですが、多くの方に来ていただけて嬉しく思います」と神妙な面持ちながら、感謝を表していた。

 映画『紙風船』は戯曲「牛山ホテル」「チロルの秋」などの代表作で有名な劇作家、岸田國士(くにお)の原作を基にした4作品の短編オムニバス。仲村と緒川は、若い夫婦のさりげない休日を描いたタイトル作品『紙風船』に出演している。(取材・文:肥沼和之)

映画『紙風船』は渋谷ユーロスペースにて公開中


【関連情報】
関連作品

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2011年
  3. 3月
  4. 27日
  5. 仲村トオル、緒川たまきに共演していた過去を忘れられる 若手学生監督たちには賞賛の言葉