シネマトゥデイ

紙風船 (2011)

2011年3月26日公開 117分

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
紙風船
(C) 2011「紙風船」製作委員会

見どころ

戯曲「牛山ホテル」「チロルの秋」などの代表作で有名な劇作家、岸田國士の原作を基に、東京芸術大学で映画を専攻する学生たちが手掛けた短編オムニバス。若い夫婦のさりげない休日を描くタイトル作品の『紙風船』のほか全4作品に、仲村トオルや緒川たまき、大後寿々花、光石研などの実力派俳優が出演。物語の書かれた時代から時を経た現代に設定を置き換えてもなお、せりふの妙を感じさせる岸田作品の世界を楽しみたい。

あらすじ

高校3年生の絵ノ葉(大後寿々花)は幼なじみの大隈(森岡龍)のことを異性として意識しているものの、父(光石研)と母(富田靖子)の言葉にますます混乱してしまう(『あの星はいつ現はれるか』)。とある日曜日。結婚1年の夫婦(仲村トオル、緒川たまき)は、鎌倉に行った風を装う“ごっこ遊び”を始める(『紙風船』)。

関連記事

すべて見る »

[PR]

映画詳細データ

製作国
日本
配給
  • 東京芸術大学
カラー/ステレオ
リンク
公式サイト
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]