シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.

原発ジョークで放送中止 燃料棒を道端に捨てるなど…人気アニメ「ザ・シンプソンズ」スイス、オーストリアで

原発ジョークで放送中止 燃料棒を道端に捨てるなど…人気アニメ「ザ・シンプソンズ」スイス、オーストリアで
人気アニメ「ザ・シンプソンズ」のキャラクターたち - Ron Galella, Ltd. / WireImage / Getty Images

 日本の原子力発電所の事故を受け、スイスとオーストリアが人気アニメ「ザ・シンプソンズ」のストーリーに含まれる原子力発電所のトラブルを取り上げたエピソードなどの放送をキャンセルした。

 同アニメでは、父親のホーマーが原子力発電所に勤務している設定になっており、仕事中に居眠りをしたり、燃料棒を道端に捨てたりと、風刺することで原子力発電の危険性を取り上げている。しかし、日本での事態が深刻化していることで、各国の原子力発電に対する姿勢にも変化が見られ、世間も敏感になってきているため、アニメで笑いまじりに放射能汚染などを取り上げるのは不適切と考えたようだ。

 オーストリアは、キューリー夫人が放射能中毒で亡くなるエピソードの放送をキャンセルしたほか、炉心溶融のジョークがセリフに含まれていたエピソードの放送を取りやめ、スイス、オーストリアの両国のテレビ局は、今後も内容を詳しくチェックしてから放送をするとハリウッド・レポーターは報じている。


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2011年
  3. 3月
  4. 26日
  5. 原発ジョークで放送中止 燃料棒を道端に捨てるなど…人気アニメ「ザ・シンプソンズ」スイス、オーストリアで