シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.

ケヴィン・ベーコン、エレン・ペイジ、リヴ・タイラー出演のスーパーヒーローを描いた話題の新作『スーパー』製作秘話

ケヴィン・ベーコン、エレン・ペイジ、リヴ・タイラー出演のスーパーヒーローを描いた話題の新作『スーパー』製作秘話
ジェームズ・ガン監督

 映画『ドーン・オブ・ザ・デッド』の脚本を執筆し、映画『スリザー』の監督を務めたジェームズ・ガン監督が、型破りなスーパーヒーローを描いた話題の新作『スーパー(原題) / Super』について語った。

 同作は、さえない料理人フランク(レイン・ウィルソン)が、ある日口のうまい麻薬ディーラー、ジャックス(ケヴィン・ベーコン)に妻(リヴ・タイラー)を奪われてしまうが、フランクは神の啓示を受けて、妻を取り返すことを決意する。そこで彼は、スーパーヒーロー「クリムゾン・ボルト」に扮装して、本屋の店員リビー(エレン・ペイジ)の手を借りて、ジャックスと彼の一味に闘いを挑むという。

 ジェームズは、この脚本をかなり前に執筆したらしい。「2002年の4月2日に57ページもの脚本を一気に書き上げたのを覚えているよ。実は、短編の脚本を執筆するつもりで書き始めたが、だんだん主人公フランクのキャラクターにハマっていって、気付いたらそれだけの量の脚本を1日で書いていたんだ。もちろん、そのときはあくまで草稿で、その後随分書き足すことにはなったけれどね」と最初は長編用ではなかったことを明かした。

 この映画は、スーパーヒーローを描いた映画と言えるのだろうか、との質問に「人に一言で簡単に説明するには、スーパーヒーローを描いた映画と言ってもいいけどね。でも例えば、映画『バットマン』では誰が悪者で、誰を退治すればよいかすぐにわかるが、この映画では、フランクがスーパーヒーローに扮して行っている制裁は、制裁を受けるべきほど悪いことをしていない人でも、フランクにレンチで頭を叩かれてしまったりするんだ。しかも、普通のスーパーヒーローの映画は、やっつけるシーンを描いても、敵が血だらけになっている映像は省かれているが、この映画は、それさえも全部見せてしまっているんだよ」とある意味、アンチヒーロー的な要素を持っている主人公でもあることを語った。

 アカデミー賞にノミネートされた経験のあるエレン・ペイジのキャスティングについては「レイン・ウィルソンが以前に、エレン・ペイジと映画『ジュノ』で共演していて、彼が彼女にこの脚本を読むようにと渡してくれたんだ。彼女はその脚本を気に入ってくれて、その後すぐにランチを食べながら会合したんだよ。エレンは、彼女と同じ年代の女優の中では、群を抜いて素晴らしいと思っている。けれど、この作品は普通とは違ったスーパーヒーローを描いた映画だから、はたして彼女に理解できるか不安だったし、彼女はオーディションもやらなかったため、実際に彼女がしっかりと演じられるか不安だったけれど、彼女は見事に演じ切ってくれたよ」と若手の女優を高く評価した。

 この映画では、レイン・ウィルソンはテレビドラマ「ザ・オフィス」でのあまり感情的にならない役と違って、繊細な演技をしている。さらに、普段は年齢に比べて賢く見える役の多いエレン・ペイジが、この映画では全く成長していない20代の女性を演じているという、映画の内容も含め予想外の演出が興味深い映画に仕上がっている。(取材・文・細木信宏/Nobuhiro Hosoki)


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

  • スーパー!(Super)/冴えない小太り中年スーパーヒーロー大活躍?! from 映画感想 * FRAGILE (2011年8月2日 11時51分)
    スーパー!Super/監督:ジェームズ・ガン/2010年/アメリカ トロマ印のスーパーヒーロー、クリムゾンボルトさまの登場です! 監督のジェームズ・ガンは「トロメオ&ジュリエット」「スリザー」の監督で、「悪魔の毒々モンスター」とかに出ています。トロマ・エンターテイメント社出身なんですね。なんて知ったように言ってますけどわたしトロマのこと全然知らないし、そしてこの映画はトロマ映画ではないです。「トロマ印のスーパーヒーロー」って書いてみたかっただけなの! あらすじ:小太りの冴えない中年男、フランク ...[外部サイトの続きを読む]
[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2011年
  3. 4月
  4. 26日
  5. ケヴィン・ベーコン、エレン・ペイジ、リヴ・タイラー出演のスーパーヒーローを描いた話題の新作『スーパー』製作秘話