シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

ニューヨークのインディーズの先駆者エイモス・ポー監督、70年代のニューヨークを振り返る(1/2)

ニューヨークのインディーズの先駆者エイモス・ポー監督、70年代のニューヨークを振り返る
(左から)エイモス・ポー監督、セリーヌ・ダニエール監督

 N.Yのインディペンデント映画史を描いたドキュメンタリー作品『ブランク・シティ(原題) / Blank City』について、インディ作品の先駆者的な存在であるエイモス・ポー監督と、同作でメガホンを取ったセリーヌ・ダニエール監督が語った。

 同作は、70年代にニューヨークのアンダーグラウンドで発生したアート・パンク・ムーブメント“No Wave"を通して、インディ系のフィルムメイカーに焦点を当てた作品。ジム・ジャームッシュ、ジョン・ウォーターズ、スティーヴ・ブシェミらがインタビューに答え、当時を振り返っているのにも注目だ。

 制作意図についてセリーヌは「わたしがフランスに住んでいたときに、パリで行われたある映画祭で、この“No Wave"の時代を扱った映画を観たの。ただ、その時は“No Wave"については全く何も知らなかったの。それから、いろいろフランスでリサーチしてみたんだけれど、“No Wave"のことを調べることさえ難しかったわ。そこで、思い切ってニューヨークに移ったけれど、ニューヨークでも“No Wave"の時代の映画を探すのにはずいぶん苦労したわ」と語るセリーヌは、“No Wave"の作品を置いていたビデオ屋でさえ、今ではなくなってしまったらしく、そういう状況化に嘆いたセリーヌは、世間の認識が低いこの“No Wave"をもっと人々に知ってほしいと思い、この映画の制作に取りかかったそうだ。

 エイモス・ポー監督は、後のニューヨークのインディ映画に影響を与えた人物だが、映画『BLANK GENERATION ブランク・ジェネレーション』を製作したさいには、かなり苦労したそうだ。「当時、僕は小さなアートハウス系の配給会社の手伝いをしながら、ビルの管理人もして生計を立てていたんだ。あのときは『BLANK GENERATION ブランク・ジェネレーション』を製作するために金をためていたんだ。ところが、撮影前に配給会社の社長が僕に任せるための書類をデスク上に置いていったのに、僕はそれを知らずに2週間の休暇をもらって撮影していたんだよ。すると、撮影から戻ってくるとすでに解雇されてたんだ! しかも管理人の仕事も、この撮影が理由で同時期に解雇されてしまったんだ!! さらに、妊娠していた妻がそのときの状況に動揺して、神経衰弱になって病院に入院してしまったんだよ。その後、子どもも生まれたが、それまでためていたお金はほとんどこの映画の制作費に使ってしまったんだ……。だから、当時はほかの仕事をしながら娘と妻の世話をしたうえで、ようやく編集作業をしていたんだ(笑)」と明かした。ちなみに、この『BLANK GENERATION ブランク・ジェネレーション』は、ニューヨークのインディ映画の先駆的作品として評価されている映画である。


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2011年
  3. 4月
  4. 26日
  5. ニューヨークのインディーズの先駆者エイモス・ポー監督、70年代のニューヨークを振り返る