シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

中谷美紀演じる紫式部はなぜ『源氏物語』を書かなければならなかったのか……生田斗真主演『源氏物語 千年の謎』はミステリー要素も

中谷美紀演じる紫式部はなぜ『源氏物語』を書かなければならなかったのか……生田斗真主演『源氏物語 千年の謎』はミステリー要素も
中谷美紀演じる紫式部も魅力的! - (C) 2011 「源氏物語 千年の謎」製作委員会

 生田斗真が光源氏役を務めることで話題の映画のタイトルが、『源氏物語 千年の謎』に決定し、ミステリー要素の加わったストーリーになることが明かされた。生田が光源氏役を務めるほか、物語のキーパーソンとなる紫式部役に中谷美紀、紫式部が思いを寄せる藤原道長役に東山紀之、陰陽師・安倍晴明役に窪塚洋介が抜てきされた本作。文献ではあまり言及されてこなかった作者・紫式部に着目し、「なぜ、紫式部が『源氏物語』を書かなければならなかったのか」に迫るという。

 今回明かされた『源氏物語 千年の謎』のストーリーは、道長の命を受け、道長を思うからこそ、必死に「源氏物語」を執筆する紫式部の心が、執筆に没頭するうちに、源氏に恋焦がれるあまり生霊の姿になってしまった六条御息所の心と重なって生き霊となり、現実と物語の空間を越え始め、そんな紫式部に気付いた陰陽師・安倍晴明が、生き霊を追っていくというもの。紫式部が生きる現実と、紫式部によって紡ぎ出される源氏が生きる物語の世界、式部の満たされぬ愛、源氏の苦悩など、それぞれの登場人物たちの情念が共鳴し合い、増幅する魅惑のストーリー展開となるようだ。

 生田、中谷、東山、窪塚のほか、桐壺役と、それにうり二つの義理の母・藤壺役に真木よう子、六条御息所役に田中麗奈、源氏の正妻・葵の上役に多部未華子、源氏の思い人・夕顔の君役に芦名星、「源氏物語」を紡ぐ紫式部の語り相手の道長の娘・中宮彰子役に蓮佛美沙子、帝の正妻で桐壺を目の敵にする弘徽殿役に室井滋と豪華絢爛(けんらん)なキャストが名を連ねた本作。私利私欲に、生霊、死霊うごめく平安の世を、豪華キャストが時に華やかに、時になまめかしく彩り、ミステリー要素も加えた新生『源氏物語』に、期待が持てそうだ。(編集部・島村幸恵)

映画『源氏物語 千年の謎』は12月10日全国公開


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2011年
  3. 5月
  4. 4日
  5. 中谷美紀演じる紫式部はなぜ『源氏物語』を書かなければならなかったのか……生田斗真主演『源氏物語 千年の謎』はミステリー要素も