シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.

『グリース』のジェフ・コナウェイ 薬物の過剰摂取でこん睡状態に

『グリース』のジェフ・コナウェイ 薬物の過剰摂取でこん睡状態に
ジェフ・コナウェイ - David Aguilera / FilmMagic / Getty Images

 映画『グリース』『ハード・キャンディ』などで知られるジェフ・コナウェイが、薬物の過剰摂取でこん睡状態に陥っていったという。

 マネージャーによると、ジェフは5月11日に意識不明で発見され、病院に運ばれたものの、危篤状態で回復するかどうかはわからないらしい。60歳のジェフは2008年にセレブのリハビリ・リアリティ番組「セレブリティ・リハブ・ウィズ・ドクター・ドリュー(原題) / Celebrity Rehab with Dr. Drew」に出演。腰の手術を受けたあとに痛み止めとコカイン中毒になったことを赤裸々に語り、治療に励んでいたが残念な結果になったようだ。

 ロサンゼルス・タイムズ紙によると、肺炎も患っているらしく、二日前に一度頭を動かして以来、まったく反応はないという。(澤田理沙)


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2011年
  3. 5月
  4. 21日
  5. 『グリース』のジェフ・コナウェイ 薬物の過剰摂取でこん睡状態に