シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.

鈴木杏&高良健吾の官能的な濡れ場が話題 清純派・鈴木「エッチな映画を手当たり次第に借りて観ました」(1/2)

鈴木杏&高良健吾の官能的な濡れ場が話題 清純派・鈴木「エッチな映画を手当たり次第に借りて観ました」
新境地ともいえる演技で、愛を貫く男女を演じた鈴木杏と高良健吾

 「世界は二人を、愛さなかった。」そんなキャッチコピーが表す通り、世の中から軽蔑(けいべつ)されようとも互いへの愛を貫いた、切ない男女の物語『軽蔑』。主演を務める高良健吾と鈴木杏の激しいラブシーンも、公開前から話題を呼んでいる注目作だ。インタビューに応じた高良と鈴木が、撮影時のエピソードのほか、「例え世の中から軽蔑されても、自分の信じた道を進む」と自身の生き方について語った。

 芥川賞作家・中上健次の遺作を映画化した本作。新宿・歌舞伎町で働くポールダンサーの真知子役で体当たり演技に挑戦した鈴木は、官能的な芝居をするために「色っぽい女性が出ている映画やエッチな映画を手当たり次第に借りて観ました」と告白。実際、劇中では映画『花とアリス』などで見せた清純なイメージとは打って変わり、大胆かつあでやかな姿を披露している。鈴木は本作のオファーが来たとき、監督が廣木隆一、共演者が高良であると聞いた時点で出演に前向きだったそうだが、原作を読んで「真知子ちゃんがあまりにも格好よかった。わたしも真知子ちゃんみたいになりたいと思った」と改めて出演を快諾したことを明かした。肌を見せることについても「たいしたことじゃなかった」とさっぱりした様子で振り返り、「お芝居って基本的に心情をさらけ出してするもの。気持ちは裸なので、自分的には(服を着るのも着ないのも)あまり大きな違いはないですね」と笑顔を見せた。
 
 一方の高良は、役づくりをほぼせず撮影に挑んだそうで、「台本を読んで『このシーンではこういう気持ちなんだろうな』と思うことはありましたが、決めつけずに現場で感じたことを演じました」と振り返った。実際、撮影の合間に鈴木と雑談をすることはあっても、演技について話し合うことは一切なかったという。鈴木が「役の気持ちをつくって現場に行っても、全部廣木監督に壊された」と苦笑する通り、廣木監督の発するエネルギーやプレッシャーなど「現場感」を肌で感じながら撮影は進んでいったそうだ。

 ところで実際の2人は、仮に世の中から軽蔑されても、自分が信じた道を迷わず進めるタイプだろうか? その問いに2人は声をそろえて「そうですね」と答える。「軽蔑されるかもしれないと思って、自分が信じていない方を選んだら後悔する。例え軽蔑されても、自分にうそをつかない方を選べば後悔しない自信がある」(高良)「役者として表舞台に立つと、いいことも悪いことも言われる。けれど、それを覚悟で役者をしているので、自分の信じた道を進んで行けると思います」(鈴木)と穏やかな表情ながら芯の強さを感じさせるコメントをし、演じた役柄の面影をのぞかせた。


【関連情報】
関連作品

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

  • 鈴木杏「エッチな映画を手当たり次第に借りて観た」...映画『軽蔑』で官能的な濡れ場 from エンため! (2011年6月3日 17時40分)
    cry―鈴木杏写真集/大森 克己 「世界は二人を、愛さなかった。」そんなキャッチコピーが表す通り、世の中から軽蔑(けいべつ)されようとも互いへの愛を貫いた、 切ない男女の物語『軽蔑』。主演を務める高良健吾と鈴木杏の激しいラブシーンも、 公開前から話題を呼んでいる注 ...[外部サイトの続きを読む]
  • 連続テレビ小説 おひさま キャスト from うさうさ生活 (2011年6月3日 14時50分)
    連続テレビ小説の、楽しみと言えば キャスト 今までにも 連続テレビ小説から いろんなスターが生まれたよね。 今回の 連続テレビ小説 おひさま キャストの中では やはり 高良健吾だよね。 高良健吾 彼女 おひさま 高良健吾 高良健吾 軽蔑 高良健吾 熱愛 井… ...[外部サイトの続きを読む]
  • 連続テレビ小説 おひさま キャスト from Yの日々 (2011年6月3日 14時34分)
    連続テレビ小説の、楽しみと言えば キャスト 今までにも 連続テレビ小説から いろんなスターが生まれたよね。 今回の 連続テレビ小説 おひさま キャストの中では やはり? 高良健吾 ... ...[外部サイトの続きを読む]
[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
  1. 記事
  2. 2011年
  3. 6月
  4. 3日
  5. 鈴木杏&高良健吾の官能的な濡れ場が話題 清純派・鈴木「エッチな映画を手当たり次第に借りて観ました」