シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

キャサリン・ゼタ・ジョーンズがトニー賞のプレゼンターに 躁うつ病を発表してから初めて公の場へ

キャサリン・ゼタ・ジョーンズがトニー賞のプレゼンターに 躁うつ病を発表してから初めて公の場へ
プレゼンターを務めるキャサリン・ゼタ・ジョーンズ

 昨年、ミュージカル「ア・リトル・ナイト・ミュージック(原題) / A Little Night Music」でトニー賞主演女優賞を獲得したキャサリン・ゼタ・ジョーンズが、今年のトニー賞でプレゼンターを務めることが発表された。

 授賞式は6月12日にニューヨークのビーコン・シアターで行われ、司会はテレビドラマ「ママと恋に落ちるまで」のニール・パトリック・ハリスが行う。キャサリンが公の場に出るのは、先月、躁うつ病の治療を受けていることを発表してから初めてのこと。

 昨年、主演女優賞を受賞した際、舞い上がってしまったキャサリンは観客席にいる夫マイケル・ダグラスを指差し、「あそこにいる男性が見える? 彼は映画スターで、わたしは彼と毎晩寝ることができるのよ」と舞台上でコメント。後日、「自分の言ったことが信じられない。下品なスピーチだった」と、後悔をしていることをメディアにコメント。今年は後悔のないトニー賞になることを祈る。キャサリンのほかには、ダニエル・ラドクリフ、ウーピー・ゴールドバーグ、クリス・ロック、アレック・ボールドウィンなどがプレゼンターを務めることが発表されている。(BANG Media International)


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2011年
  3. 5月
  4. 25日
  5. キャサリン・ゼタ・ジョーンズがトニー賞のプレゼンターに 躁うつ病を発表してから初めて公の場へ