シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.

Eストリートバンドのサックス奏者クラレンス・クレモンズさんが死去 ブルース・スプリングスティーンがコメント

Eストリートバンドのサックス奏者クラレンス・クレモンズさんが死去 ブルース・スプリングスティーンがコメント
クラレンス・クレモンズさん - Ronald C. Modra / Sports Imagery / Getty Images

 ブルース・スプリングスティーンのバンド、Eストリートバンドのメンバーで、サックス奏者のクラレンス・クレモンズさんが、脳卒中の合併症で亡くなったことがハリウッド・リポーターによって明らかになった。

 クラレンス・クレモンズさんは、1週間前にフロリダの自宅で脳卒中に陥り、その後病院で2度の手術を受けたそうだが、18日に69歳で亡くなってしまったようだ。

 クラレンスさんはヴァージニア州のノーフォークに生まれ、アルトサックスの演奏を9歳から始め、1972年からスプリングスティーンのバンド、「Eストリート・バンド」のメンバーに加わり、スプリングスティーンのデビュー・アルバム「アズベリー・パークからの挨拶」から演奏を披露した。

 スプリングスティーンと組んだ中で、クラレンスさんのサックス演奏が輝いている曲の中には、「サンダー・ロード」「ボーン・トゥー・ラン」「ジャングル・ランド」「バッドランズ」「ダンシング・イン・ザ・ダーク」などがあった。

 今回のクラレンスさんの訃報を聞いたボスこと、スプリングスティーンは「クラレンスは素晴らしい生活を送った。彼は素晴らしい家族を作った(Eストリート・バンドのこと)。彼はサックスを愛してやまず、ファンのためにステージに立つたびに全てを出し切っていた」とコメントを残している。

 ”ザ・ビッグ・マン”とのニックネームで呼ばれていたクラレンスさんのご冥福をお祈りしたい。(細木信宏/Nobuhiro Hosoki)


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2011年
  3. 6月
  4. 20日
  5. Eストリートバンドのサックス奏者クラレンス・クレモンズさんが死去 ブルース・スプリングスティーンがコメント