間違いなしの神配信映画『ボーイズ・ステイト』Apple TV+

神配信映画

今観たいドキュメンタリー6選

 配信映画は、いまやオスカーほか賞レースの常連にもなっており世界中から注目されている。この記事では数多くの配信映画から、質の良いおススメ作品を独自の視点でセレクト。今回は“社会の今”を映したドキュメンタリー6選として、全6作品、毎日1作品のレビューをお送りする。

若者よ、州知事を目指せ!高校生の疑似選挙がアメリカの今を映し出す

ボーイズ・ステイト
『ボーイズ・ステイト』はApple TV+にて配信中

『ボーイズ・ステイト』Apple TV+

上映時間:109分

監督:ジェシー・モスアマンダ・マクベイン

出演:ベン・ファインスタインロバート・マクダガルスティーブン・ガルザほか

 優れたドキュメンタリーは奇跡によって生まれる。劇映画のような決められたシナリオもなければ、結末だって決まってはいない。不確定な要素をコントロールすることはできないし、仮にコントロールできたとて、それではドキュメンタリーの魅力は失われてしまうだろう。スタジオ・A24が全米配給するはずがコロナ禍で劇場公開されず、Apple TV+で配信された『ボーイズ・ステイト』は、いくつもの奇跡が起きた結果とてつもなく面白いドキュメンタリーになった。制作チームは撮影中に何度も小躍りしたくなったに違いない。

[PR]
ボーイズ・ステイト
『ボーイズ・ステイト』はApple TV+にて配信中

 「ボーイズ・ステイト」とは、アメリカで毎年行われている高校生のためのワークショップ(女子生徒が参加する「ガールズ・ステイト」もある)。選りすぐられた優秀な生徒たちが連邦党と国民党という二大政党に分かれて疑似の選挙戦を行う。州ごとに開催されるので、選ばれる最高の役職は州知事。民主主義や政治について学ぶことが目的だという。

 過去の参加者には、ビル・クリントン元大統領や『バイス』でクリスチャン・ベイルが演じたディック・チェイニー元副大統領、ブルース・スプリングスティーンジョン・ボン・ジョヴィら後の大物ミュージシャンもいた。ワークショップとはいえ選挙戦は本格的で熾烈(しれつ)。生徒会長の座をめぐる破天荒なコメディー『帝一の國』みたいな熱いバトルが、毎年リアルに繰り広げられているのである。

ボーイズ・ステイト
『ボーイズ・ステイト』はApple TV+にて配信中

 本作は、2018年夏にテキサス州で開催された「ボーイズ・ステイト」に参加した4人の少年に密着している。何に驚くかって、この4人が「本当にドキュメンタリーですか?」と疑いたくなるくらいキャラが立ちまくっていること。

 まず最初に紹介されるベンという高校生にビビる。ベンは手足に障害を持っているが、ハンディキャップをたゆまぬ努力でカバーしてきた。だからベンはカメラに向かってこう語る。

ボーイズ・ステイト
『ボーイズ・ステイト』はApple TV+にて配信中

 「アメリカでは努力すれば必ず報われる、個人の失敗を人種やジェンダーや障害のせいにするのは国のために良くないと思う」

 つまりベンは、社会的弱者とされているマイノリティーの問題を「努力が足りない」と一刀両断してしまうのだ。弱者扱いにあらがってきた少年が、弱者を切り捨て、大きな権力を求め、やがて選挙戦の陣頭指揮を執る陰謀家になっていく。まるでマンガみたいな展開に思えるが、ベンは取材班が出会った実在の人物なのである。

ボーイズ・ステイト
『ボーイズ・ステイト』はApple TV+にて配信中

 ロバートという少年は、ベンとは対照的な陽気な体育会系男子だが、どこか世の中を冷めた目で見ている。「ボーイズ・ステイト」なんてティーンエイジャーの集まりに過ぎず、真面目な政治論よりノリのいい奴が勝てると踏んで、お調子者キャラで知事候補に名乗りを上げるのだ。保守的な土壌のテキサスに合わせて中絶反対を公約に掲げ、カメラに向かって「政治家が選挙でウソをつく理由がわかったよ」と言ってのける

 対照的なタイプのベンとロバートも、またレネという弁舌に長けた秀才肌の黒人生徒も、基本的には「勝つこと」を最優先に考える。議論を重ねれば理解し合えるなんてお花畑な絵空事に過ぎない。そんな彼らの現実主義は的な発想はいかにもティーンエイジャーらしい未熟さに思えるが、よくよく考えれば大人が動かす国や社会も特には変わらない。目先の実利が優先され、格差や分断が埋まることはなく、理想を語っても無駄、それが世間というもの……。

ボーイズ・ステイト
『ボーイズ・ステイト』はApple TV+にて配信中

 ところが、「ボーイズ・ステイト」の流れを変えるダークホースが現れる。スティーヴンというメキシコ移民の少年だ。理想に燃えるリベラルな情熱家。真摯(しんし)な弁舌で人の心をとらえ、仲間を増やし、最有力の知事候補へと成長していく

 もちろんスティーヴンも、勝ち進むためにはさまざまな妥協を強いられる。しかしスティーヴンの本気は、確実に周囲のティーンエイジャーたちの気持ちを変えていくのである。かくして各勢力が知事の椅子を狙ってさまざまな策略をめぐらせる中、スティーヴンの理想と対立候補の現実路線が激突するのだ!

ボーイズ・ステイト
『ボーイズ・ステイト』はApple TV+にて配信中

 まだまだ紹介したい生徒たちはいるのだが、この辺でやめておこう。ただ、これだけドラマチックなキャストとシチュエーションがそろうことはフィクションだって滅多にない。『ボーイズ・ステイト』は、最強の青春群像劇であり、エキサイティングな選挙バトルであり、そしてわれわれが生きている現代社会の縮図でもある。よくもまあこんなスゴい奇跡が撮れたものだと、ドキュメンタリーの神様の采配に感謝するばかりである。(文・村山章、編集協力・今祥枝)

『ボーイズ・ステイト』はApple TV+にて配信中

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]