シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.

『SUPER 8』が5週連続でトップの『パイレーツ』から首位を奪還!『アンダルシア』は2位初登場!【映画週末興行成績】(1/2)

『SUPER 8』が5週連続でトップの『パイレーツ』から首位を奪還!『アンダルシア』は2位初登場!
名匠タッグが『パイレーツ』の牙城を切り崩した!-映画『SUPER 8/スーパーエイト』より - (C) 2011 PARAMOUNT PICTURES ALL RIGHTS RESERVED.

 5週連続で首位を独走していた『パイレーツ・オブ・カリビアン/生命(いのち)の泉』を止める作品は何か、最近の国内映画ランキングの注目はそこに集まっていたが、ついに今週、夏映画本命のうちの一本、映画界の巨匠スティーヴン・スピルバーグとJ.J.エイブラムスが初タッグを組んだ『SUPER 8/スーパーエイト』が首位を奪還、今後も続々と強力作が公開される夏興行だけに、今後のランキング争いが面白くなってきた。

 全国520スクリーン(字幕316、吹替204)で金曜日に公開され、土日2日間で動員23万5,839人、興収3億785万8,350円を記録した本作。初日を含むオープニング3日間成績は動員30万5,658人、興収3億9,224万7,650円となった。客層は幅広く、全国的に午前中はシニア層、昼から夕方にかけてはカップルや親子連れなどの2人組で訪れる層が多く、土曜日はレイトショーの客足も多かったという。また、地方のシネコンなどでは、1970年代後半~1980年代初期にスピルバーグ映画を観て子供時代を過ごしたであろう世代が、子供を連れて来場する姿も見られたようだ。人気スターが出演するわけでもなく、3D映像などの目新しさを押し出したわけでもない本作。これからの口コミ効果がどれだけ広がるかに期待がかかる。

 2位も初登場で、織田裕二主演の外交官・黒田康作を主人公にした劇場版第2弾『アンダルシア 女神の報復』がランクイン。全国371スクリーンの公開で、初日2日間の成績は動員20万5,758人、興行収入2億5,846万9,500円となった。男女比は43対57で、女性の支持がやや高かった模様。2009年公開の前作『アマルフィ 女神の報酬』は興収36億5,000万円のヒットを記録、レンタルビデオ店でも、旧作ながら回転率の高い作品となっていることからも、今回の続編に期待をしていた人が多かったようだ。

 初登場2作品に迎撃され、今週は3位にランクダウンとなった『パイレーツ・オブ・カリビアン/生命(いのち)の泉』だが、興収順では6週連続1位という驚異的な成績を収めている。25、26日の土日2日間の成績は動員19万7,124人、興収3億1,620万1,450円。公開38日間の成績は累計動員504万10人、累計興収77億980万2,300円。今年初の興収100億円突破作品となるまであと少しだ。

 4位の『ゴーカイジャー ゴセイジャー スーパー戦隊199ヒーロー大決戦』、5位の『パラダイス・キス』、6位の『星守る犬』、7位の『もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら』はそれぞれ2ランクダウン。『星守る犬』の累計動員54万3,687人、累計興収6億2,681万9,200円、『もしドラ』の累計動員は60万3,703人、累計興収は7億3,946万4,950円という結果になっている。


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2011年
  3. 6月
  4. 29日
  5. 『SUPER 8』が5週連続でトップの『パイレーツ』から首位を奪還!『アンダルシア』は2位初登場!