シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

『キル・スピード』のアンドリュー・キーガン 騒音を注意した警官に立ち向かいテーザー銃で撃たれ手錠

『キル・スピード』のアンドリュー・キーガン 騒音を注意した警官に立ち向かいテーザー銃で撃たれ手錠
アンドリュー・キーガン - Steve Granitz / WireImage / Getty Images

 映画『キル・スピード』『恋のからさわぎ』のアンドリュー・キーガンが、警察にテーザー銃で撃たれ、手錠をかけられたという。

 TMZによると、アンドリューが開いていたパーティーの音があまりにも大きかったため、警察が音を下げるよう注意したところ、アンドリューはこれを拒否し、非常に攻撃的な行動に出たらしい。警察は彼を地面に押さえつけた後、テーザー銃を使って動けなくし、手錠をかけたと報じられているが、警察側はテーザー銃を使ったことを否定している。

 警察は彼が非協力的だったために手錠をかけたようだが、逮捕はしておらず、すぐに釈放されたとのこと。アンドリューは5月に、友人らとチャリティ・イベントに出席した帰りに6人組にケンカを売られ、口の中を3針縫うケガを負っているほか、元カノが彼に暴力を振るわれ接近禁止令を申請したこともあり、俳優としての仕事よりも暴力沙汰でニュースになるほうが多い。(澤田理沙)


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2011年
  3. 7月
  4. 19日
  5. 『キル・スピード』のアンドリュー・キーガン 騒音を注意した警官に立ち向かいテーザー銃で撃たれ手錠