シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

タイトルがお下劣過ぎる『東京うんこ』ロードショー決定!実はポップでキュートなラブストーリー

タイトルがお下劣過ぎる『東京うんこ』ロードショー決定!実はポップでキュートなラブストーリー
タイトルとは裏腹に!? ポップなラブストーリーが語られる『東京うんこ』

 東京・中央線住まいのカップルの暮らしをユーモラスに描いた、タイトルを口にするのがちょっと恥ずかしい!? 映画『東京うんこ』が1週間限定でロードショー公開されることが決定した。

 本作は、会社を辞めて漫画家になると宣言するも、すぐに飽きてしまう、口ばかりのダメな「東京男」俊太郎と、バイト生活をしながら俊太郎と同棲(どうせい)している、しっかり者の「関西女」希梨子のカップルを主人公にしたラブストーリー。高円寺、中野、阿佐ヶ谷などの中央線沿線の街を舞台に、俊太郎の腹痛をきっかけとして2人に起こる、周囲を巻き込んだ「うんこ」にまつわる面倒な出来事が、ポップに、少し切なく描かれる。

 映画は、7月23日~29日の1週間、映画人養成学校、ニューシネマワークショップ(NCW)の作品群を一挙上映するイベント「Movies-High11」の一環としてロードショー公開される。監督は、NCW出身で、映画『たまの映画』の今泉力哉監督や『人の善意を骨の髄まで吸い尽くす女』の加藤行宏監督など、インディペンデント映画の新世代として台頭するクリエイターたちの同期となる村松英治。俊太郎・希梨子のバカップルを演じるのは、大迫一平と宮沢マキ。

 「うんこ!」と言うだけで大笑いする、小学生のような素直な感性にあふれた、とってもポップでさわやかな恋愛映画になっているという本作。上映は1週間の限定公開になるとのことなので、チケット売り場でタイトルを伝えるのを恥ずかしがらず!? ぜひカップルで観てもらいたい作品だ。(編集部・入倉功一)

映画『東京うんこ』は新宿K's cinemaにて7月23日~29日まで1週間ロードショー(連日15:40~の上映)


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2011年
  3. 7月
  4. 11日
  5. タイトルがお下劣過ぎる『東京うんこ』ロードショー決定!実はポップでキュートなラブストーリー