シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

『SUPER 8』動員100万人突破!3週連続週末興行ランキング1位で洋画に復興のきざし!

『SUPER 8』動員100万人突破!3週連続週末興行ランキング1位で洋画に復興のきざし!
映画『SUPER 8/スーパーエイト』より - (C) 2011 PARAMOUNT PICTURES ALL RIGHTS RESERVED.

 製作にスティーヴン・スピルバーグ、監督にJ・J・エイブラムスと2大巨匠がタッグを組んだ映画『SUPER 8/スーパーエイト』が、公開3週で動員100万人超え、興行収入12億5,000万円を記録し、週末の興行成績ランキングで3週連続の1位をキープしたことがわかった。

 2011年は『相棒-劇場版II- 警視庁占拠!特命係の一番長い夜』の1位スタートから始まり、『GANTZ』シリーズ、『映画ドラえもん 新・のび太と鉄人兵団 ~はばたけ 天使たち~』『SP 革命篇』『名探偵コナン 沈黙の15分(クォーター)』『岳 -ガク-』と邦画がランキングを席巻! 洋画低迷のきざしと言われていたが、『SUPER 8/スーパーエイト』の後、『ハリー・ポッターと死の秘宝 PART2』『トランスフォーマー/ダークサイド・ムーン』の公開が控えており、『SUPER 8/スーパーエイト』は洋画復興の起爆剤となりそうだ。

 6月24日から7月10日までの17日間で、動員100万7,153人、興行収入12億5,170万5,900円を記録した『SUPER 8/スーパーエイト』は、1979年のアメリカ、オハイオ州を舞台に、偶然8ミリ映画の撮影をしていた少年たちが、貨物列車の衝突事故を撮影してしまい、未知との出会いを経験していくというストーリー。洋画の黄金期を築いたスティーヴン・スピルバーグとJ・J・エイブラムスのタッグは、再び洋画界に復興のきざしをもたらしたようだ。

映画『SUPER 8/スーパーエイト』は全国公開中


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2011年
  3. 7月
  4. 12日
  5. 『SUPER 8』動員100万人突破!3週連続週末興行ランキング1位で洋画に復興のきざし!