シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

女性も夢中になるAVとは?『監督失格』の平野勝之監督、90年代のAVヌーヴェル・ヴァーグ作品を解説!(1/2)

女性も夢中になるAVとは?『監督失格』の平野勝之監督、90年代のAVヌーヴェル・ヴァーグ作品を解説!
ぶっちゃけトークを繰り広げた平野勝之監督と中村うさぎ

 19日、新宿のLEFKADAで映画『監督失格』公開記念トークイベント「AV監督失格! 百花繚乱の90年代 AV黄金期の平野勝之」が行われ、平野勝之監督ほか、作家の中村うさぎ、作家でAVライターの東良美季、劇作家でAV監督のペヤングマキらが、平野監督の11年ぶりの新作『監督失格』の原点とも言える1990年代AVについて濃密なトークを行った。

 1997年の大ヒット作『由美香』や、ベルリン国際映画祭に出品された『白 THE WHITE』など、自転車旅行を題材としたいわゆる「自転車三部作」で、映画監督としての注目度を一気に高めた平野監督。しかし彼の名を伝説的に高めたのは、AVメーカー「V&Rプランニング」で発表した諸作品であることは知る人ぞ知る事実だろう。

 「わたしを女優にしてください」シリーズのカンパニー松尾、「ボディコン労働者階級」などのバクシーシ山下、そして平野監督と、きら星のごとくスター監督を輩出してきたAVメーカー「V&Rプランニング」の1990年代作品群は、フットワーク抜群の小型のカメラでタブーを次々と破っていった、まさにAV界のヌーヴェル・ヴァーグ。VHS時代に発売されたそれらの諸作品は、DVDの発売と共にレンタルビデオ店の棚から姿を消し、時折ネットオークションに登場しはするものの、マニアが高値で落札するなど、今となっては入手困難なレアな作品ばかりだ。

 この日上映されたのは、驚異的な花火発射シーンのクライマックスが伝説となったV&R初監督作「水戸拷問-大江戸引き回し-」、ボディコンTバック姿の4人の女優を下水道のマンホールに入れるも「便器の中から男女のうめき声がする」という近所の通報と共に警察に囲まれてしまった「ザ・ガマン しごけ!AV女優」、本職の痴漢軍団をサム・ペキンパーの「ワイルドバンチ」風のカット割りで撮影したハードボイルドタッチの痴漢劇「わくわく痴漢講座-痴漢の達人-」など、どれも観る者の心を強烈に揺さぶる作品となっている。

 『監督失格』のプロデューサーを務めた「エヴァンゲリオン」の庵野秀明監督の『ラブ&ポップ』を筆頭に、多くの映像クリエーターに影響を与えてきた1990年代V&R作品だが、東良は「当時のAVが『電波少年』などのテレビ番組に与えた影響はとても大きいと思います。テレビ演出家のテリー伊藤の下にいた(AVメーカー、ソフト・オン・デマンド元社長の)高橋がなりさんが言っていたんですが、当時のテレビのADたちが、平野、山下、松尾らのV&R作品をよく観ていた」と証言。中村を筆頭に、会場に集まった多くの女性たちもこれらの平野作品を「面白いよね~」と食い入るように観ていた。


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
  1. 記事
  2. 2011年
  3. 7月
  4. 20日
  5. 女性も夢中になるAVとは?『監督失格』の平野勝之監督、90年代のAVヌーヴェル・ヴァーグ作品を解説!