シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

美少女・14歳の奥菜恵が主演!岩井俊二監督、幻の名作『打ち上げ花火 下から見るか、横から見るか』を岩井監督公式サイトで無料配信!

美少女・14歳の奥菜恵が主演!岩井俊二監督、幻の名作『打ち上げ花火 下から見るか、横から見るか』を岩井監督公式サイトで無料配信!
まだ14歳だった奥菜(中央)の美少女ぶりにも注目!

 1993年フジテレビ系列のテレビドラマシリーズ「If もしも」の一作として放送され、翌年に映画として劇場公開された作品『打ち上げ花火 下から見るか、横から見るか』が、本日22日より岩井俊二監督の公式サイトにて、7月22日から8月31日の夏休み期間限定で無料配信されることが分かった。自身も宮城県仙台市出身の岩井監督は、東日本大震災の津波により大きな被害を受けた本作のロケ地、千葉県飯岡町(現・旭市)、そして、東日本復興への願いをこめて配信を決めたという映画ファンへの温かいメッセージを発信した。

 本作は、ドラマとして放送後、大きな反響を呼び、、テレビドラマとしては異例の日本映画監督協会新人賞を受賞した異色作。奥菜恵がヒロインを演じ、山崎裕太、小橋賢児、が主役の小学生を演じた本作は、公開から17年がたった今でも、多くの映画ファンに愛されている幻の名作だ。本作で注目を集め、その後、日本の映画界を牽引する存在となった岩井監督は配信に寄せて、「かつてお世話になった飯岡町は津波による被害が大きかったと聞きました。震災の影響で各地の花火大会も中止になったところが多いという話も耳にしました。いつもの夏とはまるで違う今年の夏ですが、せめてこの作品で、かわらぬ日本の夏を体感してもらえたら幸いです。夏も相変わらずの猛暑です。今年はほんとうにいろんなことがあって、そろそろ疲労もピークという方も多いかとは思いますが、皆様、お体に気をつけて」とメッセージを送った。配信をスタートする自身の公式サイト「岩井俊二映画祭」は、2011年1月1日に「世界最小映画祭」というスローガンのもとにスタートし、日本語、英語、中国語、韓国語の4か国語にて展開される岩井監督の公式サイト。新作小説「ヴァンパイア」が読める「novie 読む映画」や、ゲストを招いて映画について語ったり、ゲストの素顔に迫る「マイリトル映画祭」、映画祭の会長である岩井監督が気ままにトークを繰り広げる「会長の片付かない部屋」など、さまざまなコンテンツを展開しているサイト。自身も宮城県仙台市出身の岩井監督は、東日本の復興に願いをこめて、監督・脚本・編集を手掛けた映画『四月物語』を震災後の4月に配信していた。

 「花火は横から見ると丸いのか、平べったいのか」、小学生の男子ふたりのピュアな言い争い、初恋の女の子を巡っての男同士の対決、駆け落ちの真似事……。どこか切なくて、なつかしい、小学生の特別な1日を、美しい映像で描き出した本作。当時まだ14歳だった奥菜のみずみずしい演技にも注目してほしい。(編集部:森田真帆)
 
 映画『打ち上げ花火、下から見るか、横から見るか』は、7月22日から8月31日まで、岩井俊二監督公式サイト「岩井俊二映画祭」にて無料配信の予定


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2011年
  3. 7月
  4. 22日
  5. 美少女・14歳の奥菜恵が主演!岩井俊二監督、幻の名作『打ち上げ花火 下から見るか、横から見るか』を岩井監督公式サイトで無料配信!