シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.

結婚35周年を迎えた宮川大助・花子夫妻!闘病生活など波瀾万丈の結婚生活を振り返る!(1/2)

結婚35周年を迎えた宮川大助・花子夫妻!闘病生活など波瀾万丈の結婚生活を振り返る!
結婚35周年!笑顔で結婚生活を振り返った宮川大助・花子夫妻

 今年、結婚35周年を迎えた宮川大助・花子夫妻が5日、新宿の吉本興業株式会社東京本部で報道陣の取材に応じ、2人がそれぞれに闘病生活を送るなど、決して平たんではなかった結婚生活を振り返った。

 芸能界随一のおしどり夫婦と言われる浪速の夫婦漫才師、宮川大助・花子夫妻も今年で結婚生活35年。「僕のひまわりになってほしい」というプロポーズで、1976年に始まった幸せな結婚生活だったが、その道のりは決して平たんなものではなかった。2007年、大助が軽度の脳出血で倒れたときのことを振り返った花子は「神様はどうして試練を与えるのかなと思いましたね。大助が倒れたときに何もわからんようになりました。あれで、もうひょっとしたら終わりじゃないかと思いましたもん」と述懐。それを受けた大助も「あれから夫婦の形が変わりましたね。以前は僕がイケイケだったけど、今は嫁はんが引っ張っている状態ですから」とコメントしていたが、この日は次々とジョークを飛ばすなど、健康状態はすっかり良好な様子。

 「笑いも99パーセント嫁はんにしゃべってもらって。僕は楽をさせてもらっている。幸せな人生を送らせてもらっていますわ」と花子に感謝する大助。夫婦円満の秘けつについて聞かれると「僕の忍耐と努力のたまもの」と言って笑わせるが、「2人とも趣味が違っているけども、マラソンという共通の趣味ができた。それが夫婦円満の秘けつだったかも」としみじみ振り返った。「嫁はんが太陽の下で咲くひまわりだったら、僕はアリんこでいい。根っこから見上げながら応援していますわ」と花子にラブコールを送るなど、ほのぼのムードに浸った会場内だったが、次第に話の流れは、45歳年下の女性と結婚した加藤茶の話へ。思わず「45歳も下の女性から好かれるんですよ。男にとってはドリームランドみたいなもんですよ」と思わず鼻の下を伸ばしてしまった大助に向かって、「何だかむかつくわ! 絶対長生きしてやる!」とヤキモチを焼く花子の姿に、会場は笑いに包まれた。

 今回、品川よしもとプリンスシアターで8月28日に開催される宮川大助・花子 結婚35周年記念公演「つないだ手と手」は、2007年に脳出血で倒れてからの大助・花子ファミリーの波瀾(はらん)万丈な半生を、涙と笑い交じりに描くドタバタ・ハートフル・ファニーコメディー。2人の結婚記念日である4月9日、なんばグランド花月で上演された舞台の再演となる。花子はこの結婚記念日について「死ぬまで苦しむ日」とうそぶくが、夫婦のきずな、家族のきずなについて改めて考え直す内容となっている。


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2011年
  3. 8月
  4. 5日
  5. 結婚35周年を迎えた宮川大助・花子夫妻!闘病生活など波瀾万丈の結婚生活を振り返る!