シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

性衝動がコントロール出来ない病!ハリウッドスターを悩ませるセックス依存症、症状と治療法とは!?(1/2)

性衝動がコントロール出来ない病!ハリウッドスターを悩ませるセックス依存症、症状と治療法とは!?
長年セックス依存症に苦しんでいるデビッド・ドゥカブニー - (c)Getty Images

 人気ドラマシリーズ「Xファイル」のデビッド・ドゥカブニー、マイケル・ダグラス、そしてサンドラ・ブロックの元夫……と、セックス依存症という病気に苦しむハリウッドスターは多い。日本人には聞き慣れない心の病気「セックス依存症」とは一体どんな病気なのか? ゆうメンタルクリニック院長で精神科医のゆうきゆう医師に話を聞いた。

 多くのセレブが悩んでいる“セックス依存症”、名前のインパクトの大きさからつい、性欲が強すぎる、セックスが好き……などというイメージが浮かんでしまうが、ゆうき医師によると、「そのようなイメージとときどき混同されてしまいますが、そういったこととは少し違います。“セックス依存”というと、おそらく多くの人がかなりのインパクトを感じると思うのですが、アルコールや薬物などへの依存症と同じように、自分で性衝動をコントロールできないという心の病気なのです」という。依存症の特徴について、ゆうき医師は「通常は『しない方が良い』と思うと、理性でそれをコントロールすることが多いのですが、依存症の場合はそのコントロールができない状態。本人はダメだと思っているのにやめられないとか、したくないのにしてしまうという状態なんです」と解説。そのような状態でセックス行為をするため、セックスの後に強い罪悪感を感じたり、逆にしていないときに焦りや空虚感を感じるなど、気持ちが不安定になりやすくもあるという。また、さらにそういったネガティブ感情から逃れるためにセックスをする、といった悪循環にもなってしまうことも。

 いったいどのようなひとが、どのような原因でなるものなのだろうか? ゆうき医師は、「ストレスを感じやすい人、特に孤独感が強い人に多いかもしれませんね。また、生きている意味が見つけられないとか、自分を認められない人・コンプレックスの強い人にもその傾向があります。いずれも、自分の本当の悩みと向き合えないことが原因といえます」という。セックスをすることで開放感を感じたり、生きている実感を得られることがあると、悩みからの解放=セックスという図式が成り立ち、セックスへの依存がはじまるが、もちろん実際には、「悩みから解放された」わけではない。また、ゆうき医師によると、患者にとっては、「自傷行為としてのセックス」もあるという。「性病や妊娠などのリスクをあえて負ってしまうようなセックスを望んだり、女性に多いのですが、自分を汚すためにセックスをする人がいます。この場合も、原因は自分自身と向き合えないことにあると考えられます」セックス依存症の患者には、風俗やホストクラブに夢中になってしまい、自己破産に追い込まれてしまうひともいるという。また、不倫問題を追求されたクリントン元大統領がセックス依存を起因としているといわれたように、不貞行為を複数の相手や、幾度も重ねてしまい離婚を招いてしまうケースもあるようだ。


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2011年
  3. 8月
  4. 8日
  5. 性衝動がコントロール出来ない病!ハリウッドスターを悩ませるセックス依存症、症状と治療法とは!?