シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.

予想外の大ヒット!?映画『猿の惑星:創世記(ジェネシス)』が全米ナンバーワンに!! -8月8日版【全米ボックスオフィス考】(1/2)

予想外の大ヒット!?映画『猿の惑星:創世記(ジェネシス)』が全米ナンバーワンに!! -8月8日版
映画『猿の惑星:創世記(ジェネシス)』より - (C) 2011 TWENTIETH CENTURY FOX

 2011年夏の大作ランナップが発表された当初はかなりマイナーな存在だった映画『猿の惑星:創世記(ジェネシス)』が8月5日(金)より全米公開され、何と5,481万ドル(約43億8,480万円)という驚きの興収をたたき出し全米ナンバーワン映画となった。ちなみに本作は、歴代8月公開のオープニング成績で、映画『G.I.ジョー』を抜き第4位にランクインし、さらにシリーズ作品としては第2位の成績をマークしており、シリーズトップの映画『PLANET OF THE APES 猿の惑星』の成績にどこまで近づけるか、注目である。(1ドル80円計算)

 『猿の惑星:創世記(ジェネシス)』のように俗にリブートと呼ばれる作品は、以前登場したことのあるなじみのキャラクターやコンセプトを軸に、ストーリーには新たな側面から切り込んでいくもので、単なる原作を現代版にしたリメイクや続編などとは異なるものである。

 以前にもリブートと呼ばれる作品は数多くあったものの、『猿の惑星:創世記(ジェネシス)』ほど予想外の成功を収めた作品は珍しい。この種の作品に対しては、二番せんじというイメージが強いだけにいつも風当たりが強く、「ハリウッドはネタが尽きたからリブート作品ばかり作っている」などという陰口も頻繁にたたかれるほどである。ただ、本作については観客が映画館にわざわざ足を運んでも無駄にならないような新鮮なストーリー感があり、アメリカの映画ファンサイトでも平均成績がA-、そして辛口で有名なファン・サイトですら映画を観に行った81パーセントのファンたちが好意的な批評を寄せている。

 観客調査においては配給の20世紀フォックスによると、『猿の惑星:創世記(ジェネシス)』を週末に観に来ていた観客のうち54パーセントが男性、そして56パーセントが25歳以上のお客であったという結果が発表された。

 今週の第2位は、先週と同じで健闘した映画『スマーフ』で2,070万ドル(約16億5,600万円)。41.9パーセントの収入減となったものの、公開後10日で7,590万ドル(約60億7,200万円)の総合収入となっている。

 第3位は、意外と不調な映画『カウボーイ&エイリアン』で1,573万ドル(約12億5,840万円)の興収。製作費は1億6,300万ドル(約130億4,000万円)かかったといわれているこの作品は、先週から56.8パーセントの下降率で封切り後10日間の総合興収は6,735万ドル(約53億8,800万円)と、どうもパッとしない。芳しくない成績の理由としては、タイトルがおどけて聞こえる割には内容がシリアス過ぎるというのがハリウッド界隈の見解である。


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

  • 猿の惑星:創世記 Rise of the Planet of the Apes from 映画って面白いですね。 (2011年8月14日 18時16分)
    「猿の惑星:創世記」(Rise of the Planet of the Apes) は、2011年のアメリカの映画。SF映画シリーズ『猿の惑星』の最新作です。続編ではなく、オリジナルの要素をいくらか取り入れた新たなシリーズという位置づけです。 続編やリメイクではないので、前作からのつな… ...[外部サイトの続きを読む]
[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2011年
  3. 8月
  4. 9日
  5. 予想外の大ヒット!?映画『猿の惑星:創世記(ジェネシス)』が全米ナンバーワンに!! -8月8日版