シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

ショーン・ペン、『ツリー・オブ・ライフ』でのテレンス・マリック監督の演出は困惑だらけ

ショーン・ペン、『ツリー・オブ・ライフ』でのテレンス・マリック監督の演出は困惑だらけ
ショーン・ペン - Jeff Kravitz / FilmMagic / Getty Images

 映画『ツリー・オブ・ライフ』で主演を務めているショーン・ペンが、テレンス・マリック監督の哲学的な演出に困惑していることを告白している。

 マリック監督の6年ぶりの新作となり、今年のカンヌ映画祭では最高賞パルムドールを受賞した本作は、中年に差しかかった主人公ジャックが、幼い頃の、厳しかった父と優しかった母の記憶をたどっていくストーリー。炎や水、生命の誕生や天体などの映像が組み込まれ、哲学的な示唆に富んだ内容は、カンヌ映画祭で鑑賞した人々から賛否両論で受け取られた。

 そんな中、ジャックを演じたショーンはフランスの新聞「フィガロ」紙のインタビューで、本作の撮影について、物語の構成がつかみにくく困惑だらけだったことを告白。「脚本はこれまで読んだ中で最も素晴らしいものだった。でも、スクリーン上ではそうは感じられなかったんだ。僕の意見としては、もう少し明確で対話的な流れだったら、その美しさやインパクトを損なわずにすんだかもしれない。正直言うと、僕自身この映画の中で何をしていたのか、僕が内容に加えるべきだったものは何なのか、今もわからないんだ。その上、テリー(マリック監督)本人もそれをはっきり説明できなかったんだからね」と胸のうちを告白。出演者としてこの映画を推薦したい気持ちの一方で、「先入観なしに見てもらいたい作品」と語った。(竹内エミコ)


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2011年
  3. 8月
  4. 23日
  5. ショーン・ペン、『ツリー・オブ・ライフ』でのテレンス・マリック監督の演出は困惑だらけ