シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

ハリケーンの悪影響がボックスオフィスにも直撃!今年2番目に低い週末興収-8月29日版【全米ボックスオフィス考】(1/2)

ハリケーンの悪影響がボックスオフィスにも直撃!今年2番目に低い週末興収-8月29日版
こちらは今週第2位の映画『コロンビアーナ(原題) / Colombiana』のポスターと出演したゾーイ・サルダナ - Gustavo Caballero / Getty Images

 この週末はアメリカ東海岸にハリケーンが上陸するという予報が出され、ニューヨーク市の動物園が閉園されたり、バスや地下鉄までもが運転を見合わせるなど、大変な騒ぎとなったが、そんな状況にも負けず映画『ザ・ヘルプ(原題) / The Help』が、今週デビューしたばかりの新作をけ落として2週連続トップをキープした。

 先週と比較してもたったの27.4パーセントの収益減と、チャート上位の他作品と比べても非常に低い降下率となっており、評判が評判を呼んで客足につながっていると見られており、公開19日で9,683万ドル(約77億4,640万円)の収益を上げてまだまだ余力を残している雰囲気がある。(1ドル80円計算)

 今週第2位は、リュック・ベッソンが脚本とプロデューサーを務めたアクション・サスペンス映画『コロンビアーナ(原題) / Colombiana』で1,041万ドル(約8億3,280万円)。女殺し屋もので、「またか~!」という感があったものの堂々の第2位にランクインし、先週第2位だった映画『猿の惑星:創世記(ジェネシス)』をはねのけた。配給のソニー・ピクチャーズによると、週末に同作品を観に来ていた57パーセントが女性客、そして65パーセントが25歳以上の観客であったという調査結果が発表されている。

 第3位は、先週から45パーセントの収益減となった『猿の惑星:創世記(ジェネシス)』で887万ドル(約7億960万円)。公開24日で、今夏のヒット映画『X-MEN:ファースト・ジェネレーション』に差をつけてトータル1億4,870万ドル(約118億9,600万円)の収益を記録しており、依然その数字は更新中である。

 そして今週第4位は、こちらもリュック同様に監督としておなじみのギレルモ・デル・トロが脚本、プロデューサーを務めた映画『ドント・ビー・アフレイド・オブ・ザ・ダーク(原題) / Don’t Be Afraid of the Dark』。デビュー週末で853万ドル(約6億8,240万円)とかなり残念な結果となってしまったが、ケイティ・ホームズとガイ・ピアースという両人とも少々弱い主役陣、そしてデル・トロ監督が目をかけたといわれているものの、ほとんど前評判がなかった監督がメガホンを取ったということで映画自体が話題性に欠けていたということに加え、決して大掛かりとはいえないスタジオ側のPR作戦、そしてハリケーンの悪天候というトリプルパンチがこの作品から勢いを奪ってしまった。


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2011年
  3. 8月
  4. 31日
  5. ハリケーンの悪影響がボックスオフィスにも直撃!今年2番目に低い週末興収-8月29日版