シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

パセリが大嫌いなサラ・ジェシカ・パーカー 「パセリ抜きで」を6か国語で覚えるほど

パセリが大嫌いなサラ・ジェシカ・パーカー 「パセリ抜きで」を6か国語で覚えるほど
パセリが本当に嫌いなんですね……。-サラ・ジェシカ・パーカー

 映画『セックス・アンド・ザ・シティ』のサラ・ジェシカ・パーカーは、パセリがあまりにも嫌いなため、どこのレストランでも食事を注文する際にウェイターに言えるよう、6か国語で「パセリは入れないで」というフレーズを覚えたという。

 グラマー誌のツイッター・ウェブチャットの中で、「何か国語しゃべれるの?」との質問に対しサラは、「フランス語を少ししゃべれるほか、『パセリは入れないで』を6か国語で言えるわ」と答えた。チャットでは働くママの利点と欠点についても話し、利点としては子どもたちをすばらしいところに連れて行ってあげられることだと述べ、欠点は子どもたちと離れて過ごさなければならないことだと説明。

 「人生で一番の功績は?」と聞かれると、「子どもたちが満足してくれることよ」と子供たちのことを第一に考えているのがうかがえる。サラと夫マシュー・ブロデリックには、8歳の息子ジェイムズと2歳になる双子のマリオンとタビサがいる。(BANG Media International)


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2011年
  3. 9月
  4. 3日
  5. パセリが大嫌いなサラ・ジェシカ・パーカー 「パセリ抜きで」を6か国語で覚えるほど