シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.

SABU監督、天才子役・芦田愛菜に最初はかわいさを期待していなかったと衝撃告白!?

SABU監督、天才子役・芦田愛菜に最初はかわいさを期待していなかったと衝撃告白!?
撮影開始後に芦田のかわいさにやられてしまった!?SABU監督(右)と好みの女性はあやまんJAPAN!? の綾野剛(左)

 9日、映画『うさぎドロップ』のトークショーが渋谷シネクイントで行われ、出演する俳優の綾野剛とSABU監督が登壇し、劇中で愛くるしい存在感を放っていた芦田愛菜について、「最初はかわいさをあてにしていなかったよ」と驚きのエピソードを明かした。

 劇中で松山ケンイチ演じる主人公ダイキチに育てられる6歳の女の子・りんを演じている人気子役の芦田。SABU監督は、撮影前まで芦田にそれほどかわいさを求めてはいなかったといい、「普段、子どものかわいさといったら顔がちっちゃいとか手足が長いとかじゃないですか。でも、愛菜ちゃんはそれとはちょっと違った感じでした」と告白。「でも、実際に現場でモニター見たら、ダイキチを待っている表情とかに、『うわー!』ってビックリしました。あまりかわいさをあてにしていなかったけど、こんなかわいいのか! これだったらもっと違う話つくったのに」と女優・芦田のかわいさに衝撃を受けた瞬間を笑顔で明かした。そして、今となってはいい思い出となっているという撮影を振り返り「最近テレビとかCMでは作り笑顔も多いけど、あまりしてほしくないな。演技しているときの愛菜ちゃんは格別です。こっちが本当の愛菜ちゃんの魅力だよって言いたいな」と監督としての独占欲をちょっぴりのぞかせ、芦田にメロメロな様子だった。

 その後トクショーは、話が映画から脱線したり、ファンからの質問に答えたりと終始ゆるいノリで進行。ダイキチの妹カズミの彼氏役で出演している綾野は、好みの女性をSABU監督から聞かれ、「あやまんJAPANみたいな人ですかね。ふりきった人が好きなんです。ダンスでも、下手でもいいから思いっきりやれる人みたいな」と明かして女性ファンをドキマギさせる場面も。松山と、妻で女優の小雪との間に期待される子どもについてSABU監督が「あの小雪だもんね。子どもも、色白でかわいいと思うな」とうらやましそうに話すと、綾野も「あの2人ですもんね。でも、生まれてきて色黒でも驚きですね」といろいろと想像を膨らませた発言で、観客を笑わせていた。

 映画『うさぎドロップ』は宇仁田ゆみの人気コミックを映画化したヒューマンドラマ。ひょんなことから祖父の隠し子で6歳の女の子・りん(芦田)を引き取ることになった独身のサラリーマン・ダイキチ(松山)が、育児に向き合いながら送るちょっとちぐはぐでハートフルな共同生活を描く。(取材・文:中村好伸)

映画『うさぎドロップ』は渋谷シネクイント、新宿ピカデリーほか全国公開中


【関連情報】
関連作品

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2011年
  3. 9月
  4. 9日
  5. SABU監督、天才子役・芦田愛菜に最初はかわいさを期待していなかったと衝撃告白!?