シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

EXILEのAKIRA、ブルース・リーの正統な後継者ドニー・イェンとガチ勝負!! 手を抜かずにトレーニングに打ち込んでいた!(1/2)

EXILEのAKIRA、ブルース・リーの正統な後継者ドニー・イェンとガチ勝負!! 手を抜かずにトレーニングに打ち込んでいた!
ドニー・イェンもAKIRAを絶賛!?秘蔵トークで会場を盛り上げた船木壱輝と谷垣健治

 30日、現在公開中の映画『レジェンド・オブ・フィスト/怒りの鉄拳』のトークイベントが新宿武蔵野館で行われ、本作で武術指導を務めた谷垣健治、そして日本人キャストとして山崎中尉役を演じた俳優・船木壱輝の二人が、EXILEのAKIRAも出演した本作の白熱したアクションシーンの裏側を明かした。

 1971年に映画『ドラゴン怒りの鉄拳』(原題:精武門)で、ブルース・リーが演じたマーシャル・アーツ・ヒーローのチェン・ジェンの活躍を描いた本作は、上映館の一つとなる新宿武蔵野館では、1日6回上映を敢行するなど、大ヒット街道をばく進中。劇場には、この日も多くの観客が来場し、スクリーンで展開される渾身(こんしん)のカンフー・アクションを堪能した。主演のドニー・イェンは、ブルース・リーの熱狂的な信者であり、彼の正統な継承者として知られる。1995年に彼が主演し、香港で放送されたテレビシリーズ「精武門」は、重厚なストーリーと細かい心理描写、そして迫力のアクションシーンが人気を集めたが、本作はその映画化作品となる。「ドニーから電話があって、今度のテーマは『バットマン』だといわれた。チェン・ジェンが生きていて、夜の街で暗躍するんだといわれて、それはやりたいと思った」と制作の経緯を振り返る谷垣。

 本作で武術指導を担当した谷垣は、倉田保昭が設立した倉田アクションクラブ(KAC)で学んだ後、1993年に単身、アクションの本場である香港に渡り、ドニー・イェンやジャッキー・チェンの元で数多くのアクション作品に参加。2002年には映画『ブレイド2』でアシスタント・マーシャルアーツコーディネーターに就任するなど、ハリウッドでも活躍。ジャッキー・チェンが会長を務める「香港動作特技演員公會」の唯一の日本人会員として名を連ねるなど、アクション映画界の第一人者として現在でも世界をまたにかけて活躍中である。

 本作には、日本軍の暗殺隊長・佐々木役として、EXILEのAKIRAも出演、ドニーとの見事な格闘シーンを披露している。AKIRA起用について谷垣は、「脚本会議をしていたときに、AKIRAさんを出せないかと言われたんです。アンドリュー・ラウ監督が、中国で言うというと、どんな感じだと聞くんで、(台湾のスーパースター)ジェイ・チョウみたいな感じかなと言ったら、『ワオ! そんなに有名ならいいじゃない。出てもらってエンディング曲も歌ってもらえばいいじゃない』と言われた」と裏話を披露。多忙な大人気グループEXILEのメンバーであるAKIRAだが、トレーニングには手を抜かなかったという。「トレーニングも合わせて3週間、まるまる時間を空けてくれて。彼はすごく真面目なんで、どんどん上達していった」という谷垣は、「ドニーも『こんなリアクションは見たことない!』とほめるようになって、彼の出番もどんどん増えていった」とドニーと共にAKIRAのアクションを絶賛していたようだ。


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2011年
  3. 10月
  4. 1日
  5. EXILEのAKIRA、ブルース・リーの正統な後継者ドニー・イェンとガチ勝負!! 手を抜かずにトレーニングに打ち込んでいた!