シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

戸塚ヨットスクール校長・戸塚宏!71歳にして教育への情熱は衰えず!「今の若い男を見ると国がつぶれてしまうと感じる」(1/2)

戸塚ヨットスクール校長・戸塚宏!71歳にして教育への情熱は衰えず!「今の若い男を見ると国がつぶれてしまうと感じる」
自前の教育論について熱弁を振るった戸塚宏校長

 11日、阿佐ヶ谷ロフトAで映画『スパルタの海』公開記念トークショーが行われ、戸塚ヨットスクールの戸塚宏校長が出席、3時間以上にわたって過激な教育論をぶちまけるなど、71歳にしてなお教育への情熱は衰えていないことをうかがわせた。

 1980年と1982年に起きた訓練生の死亡事件、および1983年の戸塚校長の逮捕などが大きな社会問題となり、世間を騒がせた戸塚校長であるが、会場に登場するなり、「この会場には、体罰反対の人も、賛成の方もおられると思う。むしろ体罰は悪なりということ思っている方もいるでしょうが、意見というものは自分で作るものだということがわからないといけない。皆さん、マスコミの言いなりになってはいかん! スパルタは悪いという意見もあるが、これはいいんです。子どもたちのためにやっているんだから」と戸塚節は絶好調。去る9月に71歳の誕生日を迎えたばかりの戸塚校長だが、教育に対する情熱はまったく衰えていないようだった。

 さらに戸塚校長の教育論は続く。「快を求め、不快を避けるのが人間の原理。だから成長させようと思ったら、本人に不快感を与えないと。しかも、進歩の能力というものは、小学校のうちにしか身につかないんです。しかし、今の教育は褒めて伸ばせとばかりに、子どもたちの不快を取り除くことに尽力している。それは母親がやるべき仕事で、父親や先生がそれをやってはやってはいけない。小学校のうちに甘やかせるとその能力が出来上がらないので、一生後悔します」ときっぱり。その過激ともいえる考えには異論もあろうが、戸塚校長は時間が許す限り持論について言葉を費やした。

 そんな戸塚校長の教育論で物議を醸すのは、やはりいじめを推進するという点だろう。「いじめには良いいじめと悪いいじめがあります。かつては、いじめやケンカを通じて人間性を高めていた。徳育ですね。正しくない行動をなじるのが、正しいいじめ。行動が正しくなれば、いじめられなくなりますからね。でも、今のいじめは、お前が嫌いだと言うだけで、本人の努力ではどうしようもない。これが悪いいじめ」と戸塚校長の弁も熱を帯びてくるが、そんな流れから「実は『ハリー・ポッター』が大好きなんですよ」と意外な事実も飛び出した。「結局あれが教育なんですよ。権利の国、人権の国でやってる教育があれでしょ。先生は絶対的だし、ちょっと気に入らないことがあるとクビになる。危ないこともやらせるし、ケンカし放題、いじめし放題でしょ」と語るなど、大ヒットシリーズから戸塚校長なりの教育論を引き出していた。


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2011年
  3. 10月
  4. 12日
  5. 戸塚ヨットスクール校長・戸塚宏!71歳にして教育への情熱は衰えず!「今の若い男を見ると国がつぶれてしまうと感じる」