シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

鬼才デヴィッド・クローネンバーグ監督を直撃!フロイトとユングのアブナい関係とは?映画『ザ・フライ』の続編は頓挫(1/2)

鬼才デヴィッド・クローネンバーグ監督を直撃!フロイトとユングのアブナい関係とは?映画『ザ・フライ』の続編は頓挫
デヴィッド・クローネンバーグ監督

 映画『ヒストリー・オブ・バイオレンス』や『イースタン・プロミス』などを手掛けたカナダの鬼才デヴィッド・クローネンバーグ監督が、現在開かれているニューヨーク映画祭(N.Y.F.F 49th)に出展している話題作『ア・デンジャラス・メソッド(原題) / A Dangerous Method』についてインタビューで語ってくれた。

 同作は、駆け出しのスイスの心理学者カール・ユング(マイケル・ファスベンダー)と、彼の恩師であるオーストリアの精神分析学者ジークムント・フロイト(ヴィゴ・モーテンセン)は、ロシアの女性患者サビーナ・シュピールライン(キーラ・ナイトレイ)を通して分析心理学の研究を進めていくが、ユングと彼女の関係が深まるにつれ、変化が生じていくというドラマ作品。

 カール・ユングとジークムント・フロイトとの関係をリサーチした際に驚いた点について「いろいろな意味で驚かされたよ。ある部分は知っていたが、二人の関係がこれだけ複雑な関係であるとは知らなかった。この二人は手紙交換をしていた仲で、その内容がこれほど現代的な感覚を持ち合わせているとは思わなかったんだ。彼らは、どんなことでもお互い話し合っていて、その中には体の部分を含めたセクシャルなこと、そして夢のことなどを臨床的に、時にはユーモアを織り交ぜながら文通をしていて、そこが現代的だと感じたんだ」と語った。その手紙の中でも特に驚かされた内容とは「当時の心理学者は、オーガズムのことについては語ることはなかったが、彼らは語るだけでなく、自分の体験談にも触れ、さらに家族の生活についても詳細に親密に記述しているんだよ。だから現代の心理学は、彼ら二人の影響によるものだと、改めて気付かされたんだ」と明かした。

 ジークムント・フロイト役に、映画『イングロリアス・バスターズ』のクリストフ・ヴァルツを最初に考慮に入れていたらしいが、最終的にヴィゴ・モーテンセンをキャスティングしている理由とは「ヴィゴのすべてにおいてだ。俳優としてでだけでなく、セットで働く人としてもだ。彼は熱心で忠誠的、さらに堅実な片腕となる仕事仲間としても素晴らしい人間なんだ。彼の下準備は伝説的だが、(厄介な)メソッド演技法(役柄の内面を通して、感情を追体験すること)を使用する俳優ではない。だから、セットでも彼が変なことをすることはないし、お互いがジョークを言い合って笑っていることも多く、ユーモアのあるセットになっている。どんなダークでシリアスな撮影でも、ユーモアがあってバランスを保たなければいけないと(お互いが)思っているんだ。でも、いくら僕が好きな俳優だからっといって、ミスキャストをしたりはしないよ! だから、僕の次回作『コスモポリス(原題) / Cosmopolis』には、彼は出演していないんだよ……」と3度目のコラボレーションとなるヴィゴをこのように評価している。


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2011年
  3. 10月
  4. 9日
  5. 鬼才デヴィッド・クローネンバーグ監督を直撃!フロイトとユングのアブナい関係とは?映画『ザ・フライ』の続編は頓挫