シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

小林聡美、初共演の原田知世の印象は「時をかけていたころと変わらない」!

小林聡美、初共演の原田知世の印象は「時をかけていたころと変わらない」!
「時をかけていたころと変わらない」と評された原田知世

 映画『かもめ食堂』『めがね』のプロジェクトチームによる最新作『東京オアシス』の完成披露試写会が17日にスペースFS汐留で開かれ、出演の小林聡美、加瀬亮、黒木華、原田知世が舞台あいさつを行った。共演した出演者の印象をそれぞれが話す場面では小林がほか3人をけん制するなど、和やかな雰囲気の中で4人のあいさつが行われた。

 映画『東京オアシス』は東京を舞台に、仕事から逃げ出してきた女優のトウコ(小林)が、深夜に車で走るナガノ(加瀬)、映画館で働くキクチ(原田)、動物園へバイトの面接を受けに来たヤスコ(黒田)と出会って展開されるストーリーをそれぞれのエピソードごとに描いた作品。舞台あいさつには4人そろっての登場となったが、劇中にはそのような場面はなく、小林演じるトウコが、ほかの3人と順々に出会う構成となっている。

 トークショーではまず、出演者のそれぞれに小林の印象が尋ねられたが、ここで小林が身を乗り出してけん制したため、言いたいことも言えない状況に。「一緒にいてすごく落ち着ける方」(黒木)、「すごく自然体」(原田)と続き、最後に回答することになった加瀬は、「寝る時間のない過酷な撮影でもいつも通り明るく、前向きなすごい先輩」と話した後、ぼそりと「言わせているじゃないですか」と苦笑いしながらこぼし、場内を笑わせていた。

 続いて今度は小林がそれぞれの印象について、黒木を「柔軟性のある華麗な女優さん」、初共演の原田を「時をかけていたころから変わらない、透明感があってかれんな大人の人」と独自の言い回しで表現。加瀬に対しては「夫婦漫才ができそうな域まで来たと思います」と話し、こちらも笑いを取る形で返していた。

 プロジェクト第1作の『かもめ食堂』から出演する小林は、本作を「不思議な映画」と評した。この日のイベントは当選倍率が10倍だったといい、運よくこの日の試写会参加できることになった観客たちに、「『東京オアシス』というタイトルがついた意味を考えながら見てもらえれば、いろいろ見えてくるところがあると思います」とその見どころを語った。(取材・文:長谷川亮)

映画『東京オアシス』は10月22日より新宿ピカデリー、ヒューマントラストシネマ有楽町ほか全国順次公開


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2011年
  3. 10月
  4. 17日
  5. 小林聡美、初共演の原田知世の印象は「時をかけていたころと変わらない」!