シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.

新生『三銃士』はデヴィッド・ボウイV.S.ドアーズ!オーランド・ブルームの新境地!!

新生『三銃士』はデヴィッド・ボウイV.S.ドアーズ!オーランド・ブルームの新境地!!
デヴィッド・ボウイ風!?悪役のオーリーもかっこいい!-オーランド・ブルーム - (C) 2011 Constantin Film Produktion GmbH, NEF Productions, S.A.S., and New Legacy Film Ltd. All rights reserved.

 東京国際映画祭のオープニングを飾った映画『三銃士/王妃の首飾りとダ・ヴィンチの飛行船』のポール・W・S・アンダーソン監督が、モダンな三銃士のイメージの基が、懐かしのロックスターだったことを明かした。

 本作で意外な配役となっているのが、悪役のバッキンガム公爵を演じるオーランド・ブルーム。その配役についてアンダーソン監督は「オーランドを選んだ大きな理由は、二つの世界的ヒットシリーズで、いい人を演じていることだよ。献身的で高潔な、ものすごくいい人を演じているよね。それだからこそ、悪役をやってほしかった。オーランドが、そのアイデアを気に入るかどうかわからなかったけど、会ってみたら驚いたことに大乗り気だった。『それこそ、やりたかったことだよ! 誰かが僕に悪役を持ってきてくれるのを待っていたんだ!』ってね」と語る。

 また、アンダーソン監督は、オーランドとバッキンガム公爵のキャラクターを作る過程で交わした会話に、デヴィッド・ボウイの名前が挙がったことを明かす。「すごい衣装だからね。衣装に着られては困る。それでオーランドに70年代のロック・コンサートの映像を見るように勧めたんだ。デヴィッド・ボウイとか。あの時代は、衣装が重要な要素だった。それをオーランドは気に入って、あの盛り上げたヘアスタイルとかイヤリングとかを身に着けることになったんだ」とオーランドが挑んだ華やかな悪役への役づくりを振り返った。

 「一方の三銃士は、ジム・モリソン(ザ・ドアーズのボーカル)の感じなんだよ」とアンダーソン監督。「僕たちは、たくさんの17世紀の絵を見てね。すごくモダンで驚いたよ。ジム・モリソンそっくりの男が描いてあったんだ。黒いパンツに、黒い靴、白いシャツをゆったり着ていて。だから三銃士はドアーズで、オーランドがボウイだね」と、ロックスターのイメージで、これまでになくファッショナブルな三銃士のキャラクターたちを作り上げたそうだ。(取材・文:山口ゆかり / Yukari Yamaguchi)

映画『三銃士/王妃の首飾りとダ・ヴィンチの飛行船』は10月28日公開


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2011年
  3. 10月
  4. 24日
  5. 新生『三銃士』はデヴィッド・ボウイV.S.ドアーズ!オーランド・ブルームの新境地!!