シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.

イギリスの黒い歴史と言われた「児童移民制度」における虐待や強制労働を、政府相手に告発した社会福祉士、マーガレット・ハンフリーズを直撃!(1/2)

イギリスの黒い歴史と言われた「児童移民制度」における虐待や強制労働を、政府相手に告発した社会福祉士、マーガレット・ハンフリーズを直撃!
ジム・ローチ監督とマーガレット・ハンフリーズ

 イギリスの黒い歴史と言われ、世界中でもヘッドラインの記事として扱われてきた英国の「児童移民制度」。この制度を題材にし、英国からオーストラリアなどの連邦諸国に移住させられた孤児たちが過酷な環境で働かされた実態を告発した社会福祉士のマーガレット・ハンフリーズの実話を描いた新作『オレンジズ・アンド・サンシャイン(原題) / Oranges and Sunshine』について、ジム・ローチ監督とマーガレット・ハンフリーズが語った。

 同作は、イギリスのノッティンガムに住む社会福祉士として働くマーガレット・ハンフリーズ(エミリー・ワトソン)は、英国政府が1896年から1970年代にかけて、13万人もの貧困家庭や親の麻薬依存症、そしてアルコール中毒などを理由に親から引き離された児童や孤児が、福祉の名のもとにオーストラリアやニュージーランドの施設に送り込まれていた「児童移民制度」を告発し、後に英国の首相を正式に謝罪させていく過程を描いた衝撃の実話作品。監督はイギリスの巨匠ケン・ローチの息子、ジム・ローチがメガホンを取っている。

 マーガレット・ハンフリーズが執筆した「児童移民制度」での虐待を明らかにした本「からのゆりかご(邦題) / Empty Cradles」を出版したのが1994年だが、映画化されることにマーガレットは抵抗があったようだ。「確かにそれは心配だったわね。フィルムメイカーにアプローチされ、あなたの回想録を映画にしたいと言われても、(これまでの)歴史を扱った映画は失敗作がゴミのように山積みだもの。(過去の)犠牲者はそんな映画に苦しめられてきてもいるわ。したがって、この映画を誰が製作するのかが問題で、それだけは明確にわかっていたの」と語り、さらに「その製作する人物は、社会的な認識、良識、同情を持ち合わせ、それらの価値が彼ら(フィルムメイカーたち)が働く映画界での価値よりも重要であることを、まず理解していなければならないと思っていたわ」と述べた後、このほかに彼女が気にしていたこととして「わたしはこれまで、人生を通してひどい裏切られ方をした人々(過去に児童移民だった人々)と仕事をしてきたわ。だからわたしが映画にかかわれば、彼らはわたしが裏切ったと思わないようにもしなければいけなかった」と語った。さらにマーガレットは、ジム・ローチ監督がアプローチするまで、数多くのフィルムメイカーが彼女に映画化のオファーをしてきたそうだが、すべて断ってきたそうだ。


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2011年
  3. 10月
  4. 29日
  5. イギリスの黒い歴史と言われた「児童移民制度」における虐待や強制労働を、政府相手に告発した社会福祉士、マーガレット・ハンフリーズを直撃!