シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.

中国きっての美人女優ファン・ビンビン、東京国際映画祭の審査員役を終了!いつかは役所広司や小栗旬と共演してみたい!【第24回東京国際映画祭】

中国きっての美人女優ファン・ビンビン、東京国際映画祭の審査員役を終了!いつかは役所広司や小栗旬と共演してみたい!
審査員としての経験が、大きなステップアップになった様子の美人女優ファン・ビンビン

 10月22日から30日まで開催されていた第24回東京国際映画祭で、コンペティション審査委員を務めた中国の美人女優ファン・ビンビンが、第20回東京国際映画祭の提携企画として行われた「2007東京・中国映画週間」から4年、ついに「評価される側」から「評価する側」へと転じ、震災後初めて訪れた日本の印象や、審査のため1日3本の映画をハシゴした、楽しいけれどちょっぴりつらい(!?)体験について明かした。

 普段は撮影に追われ、なかなかじっくりと映画を観るチャンスに恵まれないというファンは、「今回審査員として東京国際映画祭に参加できて、とてもうれしいです。とても意義のある仕事だと感じています」とその心境を披露。東日本大震災の後、来日することに対しての迷いはまったくなかったそうで、「こんな大きな苦難を乗り越えてがんばっている映画祭のスタッフの方々、そして日本の人々の姿に感動しました」と力強く答えた。

 いつもは女優として演じる立場にいる彼女だが、作品に評価を下すことに関してはプレッシャーもなく、作品もとても素晴らしいものばかりだったので貴重な体験ができたとか。今はようやく審査を終え、それぞれの作品にふさわしい賞を選び、贈ることができたと自負しているそうだ。だが、いくら世界各国の素晴らしい映画や、俳優たちの名演が堪能できたとはいえ、やはり毎日朝10時から夜の18時までの間、1日3本の映画を観るのはちょっとつらかったと苦笑する。彼女自身は岩井俊二監督の映画が大好きでよく観ていたとのこと。今年審査員特別賞を受賞した『キツツキと雨』に出演していた、役所広司と小栗旬の演技が秀逸だったといい、「もし機会があればぜひ二人と一緒に仕事をしてみたい」と語った。

 女優という職業は、外から見ると華やかに見えるかもしれないが、実際は大変な努力が必要だという彼女、そのつらさを一般の人にはなかなかわかってもらえないのが切ないところ。確かに、完ぺきなまでに美しい彼女を見ていると、たゆまぬ努力が必要なことはよくわかる。その美しさを保つ秘訣(ひけつ)はと尋ねると、「もし一つだけ挙げるとしたら、それは『怠けないこと』です」と至極当然ともいえる答えが返って来た。「肌を美しく保つためには、普段から常に自分の肌にいいものを与え、なるべく日焼けをしないようにしたりして、自分が肌をきちんと愛してあげれば、肌もきれいになろうとその分だけ愛を返してくれるんですよ」とニッコリ。そして、日本の化粧品が好きで、来日する度にドラッグストアなどでいろいろと物色しては買って帰るのだとも明かした。

 礼儀正しくまじめな日本のファンに対しては、「もっともっといい作品を作って皆さんに観てもらいたいと思っています。日本のファンの方々を含め、皆さんが幸せであるように心から祈っています」とメッセージを贈った彼女。今後もチェン・カイコー監督の『運命の子』や、ジャッキー・チェンとも共演した『新少林寺/SHAOLIN』など話題作の公開がめじろ押しのファンから目が離せない。(取材・文:平野敦子)


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2011年
  3. 11月
  4. 1日
  5. 中国きっての美人女優ファン・ビンビン、東京国際映画祭の審査員役を終了!いつかは役所広司や小栗旬と共演してみたい!