シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

エディ・マーフィがアカデミー賞の司会を降板! 原因はブレット・ラトナー監督の辞任【第84回アカデミー賞】

エディ・マーフィがアカデミー賞の司会を降板! 原因はブレット・ラトナー監督の辞任
残念です……。-エディ・マーフィ - Charley Gallay / Getty Images

 来年2月に開催される第84回アカデミー賞授賞式の司会者に決定していたエディ・マーフィが降板したことを9日(現地時間)、アカデミー(映画芸術科学協会)が発表した。原因は、同授賞式でプロデューサーを務める予定だった映画監督のブレット・ラトナーが、前日辞任したことにあると見られている。

 アメリカの人気コメディー番組「サタデー・ナイト・ライブ」で名をはせ、映画『48時間』や『ビバリーヒルズ・コップ』などのコミカルなキャラクターで日本でも人気を不動のものとしたエディ・マーフィ。映画界最大の祭典であるアカデミー賞授賞式で、エディがどんな司会ぶりを見せてくれるのかと期待が高まっていた中で今回の降板劇は起こった。

 不適切な発言を繰り返し、世間から批判されたことで同授賞式のプロデューサーを辞任したブレット・ラトナー監督とエディは、新作映画『タワー・ハイスト(原題) / Tower Heist』でタッグを組んだ仲。授賞式でもパートナーとなるはずだったラトナー監督を失ったことにより、エディも降板を決意したと見られている。

 エディは「何よりもまず、プロデューサーの変更についてわたしは完全に理解し、決定を支持しています」と自身の意思を明確に示し、「わたしは今回の番組への参加を本当に楽しみにしていたが、新たな司会者とスタッフが素晴らしい仕事をすることを確信しています」とコメント。ハリウッドでも個性的な発言をしてきたブレット・ラトナー監督と、下ネタジョーク満載のエディ・マーフィのコンビが、保守的なアカデミー賞でどのような新風を巻き起こすか楽しみだったが、残念ながら実現には至らなかった。新司会者は誰になるのか? 発表が注目される。(編集部・小松芙未、細木信宏 / Nobuhiro Hosoki)

第84回アカデミー賞授賞式は2012年2月26日(日本27日)開催


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2011年
  3. 11月
  4. 10日
  5. エディ・マーフィがアカデミー賞の司会を降板! 原因はブレット・ラトナー監督の辞任