シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.

人気声優・豊崎愛生、声優ならではのテクニック披露!「UN-GO」声優陣が勢ぞろいで観客は大興奮!

人気声優・豊崎愛生、声優ならではのテクニック披露!「UN-GO」声優陣が勢ぞろいで観客は大興奮!
左から水島精二監督、山本希望、勝地涼、豊崎愛生、三木眞一郎、會川昇

 現在放送中のテレビアニメ「UN-GO」の前日譚(たん)となる『UN-GO episode:0 因果論』の初日舞台あいさつが19日、TOHOシネマズ 六本木ヒルズにて行われ、本作の主演を務める勝地涼と、アニメ「けいおん!」などで知られる声優の豊崎愛生が出席し、撮影の裏エピソードを披露した。天候に恵まれなかったものの、多くのファンが駆けつけ、会場は満席。この日はほかに、同じく声優の山本希望、三木眞一郎、水島精二監督、脚本家の會川昇が登壇した。

 「けいおん!」の主人公・平沢唯役で一躍ブレイクを果たした豊崎は、劇中キャラクター同様のパンダ帽姿で登場。テレビアニメ放送中に主人公二人の出会いを描いた前日譚(たん)を劇場公開するというのは珍しい試みだが、豊崎は本作について「ああ、こうやって(主人公の二人は)出会ったんだあって」とテレビシリーズでは謎に包まれていた内容がこういう形で明かされることは声優にとっても刺激が多かったことを告白すると、「わたし自身、発見がある一本だったな」とコメントしていた。

 本作で豊崎は「因果」というタイトルにもなっているメインキャラクターを演じている。少年とセクシーな女性の声色を使い分ける難しい役回りで、この日の舞台あいさつはかわいらしい声で行っていたものの、そのことに言及されると「呼びました?」と一瞬で声色を変えるなど、声優ならではの技も披露し、これには会場からどよめきが起こっていた。

 テレビアニメと劇場版スピンオフが同時期に同じスタッフで制作されることは珍しいということで、水島監督が「かなり大変な思いをみんなでしましたけど」と思わず本音を漏らす場面もあったが、一方で主人公を演じた勝地はテレビアニメを挟む格好で本作のアフレコがあったことで「すごいやりやすさはありました」と涼しげな表情。だが、声優でないということで苦労したこともあったらしく、「(水泳シーンで)呼吸の音をどう出したらいいかわからなかったですね」と三木にアドバイスを求めたこともあったという。その話を振られた三木は照れたのか、「実際に水から顔を出してみればいいんだよ!」と本気とも冗談ともつかないアドバイスの内容を口にするなど、終始会場は大盛り上がりだった。

 テレビアニメ「UN-GO」は、カンゾー先生』などの原作者として知られる文豪・坂口安吾の「明治開化 安吾捕物」を大胆に翻案した探偵ミステリー。『UN-GO episode:0 因果論』はテレビドラマでは描かれない主人公二人の出会いと初めての事件を描いたオリジナルストーリーとなっている。(編集部・福田麗)

『UN-GO episode:0 因果論』は公開中


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2011年
  3. 11月
  4. 19日
  5. 人気声優・豊崎愛生、声優ならではのテクニック披露!「UN-GO」声優陣が勢ぞろいで観客は大興奮!