シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.

『G.I.ジョー』続編の撮影現場でスタッフの死亡事故 リフトの転倒に巻き込まれる

 来年公開予定の映画『G.I.ジョー』続編の撮影現場で、スタッフの一人が死亡するという事故が発生したとTMZ.comが報じている。製作の米パラマウント・ピクチャーズはこのことを認めた上で、原因究明に務めるとしている。

 現在『G.I.ジョー2: リタリエーション(原題) / G.I.Joe 2: Retaliation』はアメリカ・ニューオーリンズ州にて撮影を行なっていた。だが、TMZ.comによると、11月22日の撮影中、不慮の事故によりスタッフの一人マイク・フーバーさんが亡くなった。米パラマウント・ピクチャーズは、事故発生時、マイクさんがちょうどセットで作業中であったと発表。TMZ.comによると、マイクさんが作業をしていたリフト車が転倒したのだという。

 米パラマウント・ピクチャーズは「被害者の家族には心よりお悔やみ申し上げます」と哀悼の意を示したのち、原因の究明を急ぐとしている。この事故により、映画の撮影に遅れが出たかどうかは現在のところ明かされていない。(編集部・福田麗)


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2011年
  3. 11月
  4. 24日
  5. 『G.I.ジョー』続編の撮影現場でスタッフの死亡事故 リフトの転倒に巻き込まれる