シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

アカデミー賞長編ドキュメンタリー部門ノミネート!両親が犯罪歴を持つ高校生たちが、アメフトで奇跡を巻き起こす『アンディフィーテッド』(1/2)

アカデミー賞長編ドキュメンタリー部門ノミネート!両親が犯罪歴を持つ高校生たちが、アメフトで奇跡を巻き起こす『アンディフィーテッド』
(左から)T・J・マーティン監督、ダニエル・リンジー監督

 今年のアカデミー賞長編ドキュメンタリー部門にノミネートされた話題の作品『アンディフィーテッド(原題) / Undefeated』について、共同監督のダニエル・リンジーとT・J・マーティンが語った。

 同作は、テネシー州メンフィスで負けてばかりの黒人高校生アメフトチーム、「マナサス・タイガース」は、ある日白人のコーチ、ビル・コートニーを得てから、チームの状況が変化し始め、後に選手たちの人生を変えていくという奇跡的なドキュメンタリー作品。アカデミー賞長編ドキュメンタリー部門では、映画『パラダイス・ロスト3:パーガトリー(原題) / Paradise Lost 3 : Purgatory』に次ぐ、ダークホース的な存在として評価されている。

 白人のコーチ、ビル・コートニーについて「まず最初に、ビルが黒人の高校生プレイヤー達に指導していた際に、これまでのコーチとは違う印象を受けたんだ。プレイヤーの多くは父親のいない家庭に育ち、彼がプレイヤーたちの父親的な存在になっていく。ビル自身も、彼が4歳のときに父親が出ていってしまった経験を持っているんだ。この彼の過去が、このチームをコーチしていく上で、大きな意味合いを持ってくることになるんだ」とダニエル監督は話し、さらにビル・コートニーは6年間もこのチームをコーチしていたことも教えてくれた。

 映画内では、試合中にケガをしてしまうモンテレール・“マネー”・ブラウン、短気でチームに影響を与えてしまうチェイヴィス・ダニエル、そして体の大きいスタープレイヤーのO・C・ブラウンを中心に描かれていくが、彼ら以外にも焦点を置こうと思っていた選手はいたのか。「撮影当初は、“マネー”とO・Cを中心に描いていこうと思ったが、撮影途中でチームに影響を与えているチェイヴィスを外せないと思ったんだ。ただ、残念だったのは編集でホアキン・コリンズ選手を外さなければいけなかったことだ。彼は、4年間で16~17件ものフォスターズ・ホーム(子どもを育てられない家庭に対して一時的に提供される養育家庭)でたらい回しにされていて、18歳になったらフォスターズ・システムが有効せず、ホームレスになってしまったんだ……。すごく感傷的なものだが、映画のストーリーとしてテンポを遅らせてしまうため、省くしかなかったんだ……」と彼を含められなかったことをダニエル監督は悔やんでいたが、このまとまった編集が見事にアカデミー賞のノミネーションを勝ち取ることになる。


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

  • 『アンディフィーテッド 栄光の勝利』を観ました【映画】 from カフェビショップ (2013年10月25日 20時10分)
    本当にドキュメンタリーなのだろうかと 勘ぐってしまうほどにドラマチック。 これって今流行りのやらせっていうやつかみたいな。 最後に、この話はフィクションであると 字幕が出てくるんじゃないかと思ったぐらいドラマっすねえ。 万年最下位の弱小アメフト部の物語… ...[外部サイトの続きを読む]
[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2012年
  3. 2月
  4. 11日
  5. アカデミー賞長編ドキュメンタリー部門ノミネート!両親が犯罪歴を持つ高校生たちが、アメフトで奇跡を巻き起こす『アンディフィーテッド』