連続殺人犯テッド・バンディの映画、Netflixに配給権

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア
テッド・バンディ役はザック・エフロン! - Mark Metcalfe / Getty Images

 実在した連続殺人犯テッド・バンディをザック・エフロンが演じた映画『エクストリーミリー・ウィキッド、ショッキングリー・イーヴィル・アンド・ヴァイル(原題) / Extremely Wicked, Shockingly Evil and Vile』。Netflixが、同作の米配給権といくつかの海外配給権を獲得したと The Hollywood Reporter ほか複数メディアが報じている。

【写真】ザック・エフロンのイメチェン

 本作は、アカデミー賞にノミネートされたドキュメンタリー映画『パラダイス・ロスト3:パーガトリー(原題) / Paradise Lost 3: Purgatory』のジョー・バーリンジャーがメガホンを取り、脚本を『ロスト・ガールズ(原題) / Lost Girls』のマイケル・ウォーウィーが執筆。ストーリーは、テッド・バンディと長年交際していたエリザベスの視点から描かれる。バンディをザック・エフロン、恋人のエリザベス・クレプファーをリリー・コリンズが演じている。

 製作は、『ダラス・バイヤーズクラブ』のニコラス・シャルティエと『マギー』のアラ・ケシシアンらが制作会社ヴォルテージ・ピクチャーズを通して担当している。(細木信宏/Nobuhiro Hosoki)

[PR]

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]