シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.

これが劇場アニメの新世界!映画『ベルセルク』第2弾予告編が解禁!そして、破滅への扉が開く…

これが劇場アニメの新世界!映画『ベルセルク』第2弾予告編が解禁!そして、破滅への扉が開く…
『ベルセルク 黄金時代篇II ドルドレイ攻略』ビジュアル - (C) 三浦建太郎(スタジオ我画)・白泉社 / BERSERK FILM PARTNERS

 三浦建太郎の人気マンガを映像化した映画『ベルセルク 黄金時代篇II ドルドレイ攻略』の予告編映像が解禁された。第1作の映像解禁時にはそのクオリティーの高さが話題になったが、第2作となる本作はそれを上回る出来栄え。加えて、本作にはダークファンタジーと評される原作の見どころが凝縮されており、劇場アニメーションとしての新境地をひらいている。

 原作「ベルセルク」の見どころは、何といってもその戦闘シーン。細部に至るまでしっかり描き込まれた背景、静止画とは思えないほどの迫力にあふれた人物の動き、そして時にグロテスクにも映る描写など、これまでのどのマンガにも似ていない表現の数々が熱狂的なファンを生み出した。<ベルセルク・サーガプロジェクト>として映像化された第1作『ベルセルク 黄金時代篇I 覇王の卵』ではそれらを見事にアニメーション表現に落とし込み、多くの原作ファンをうならせたことは記憶に新しい。

 だが、今回解禁された予告編映像からも明らかなように、第2作では前作を上回る、まさに鬼気迫るとしか言いようのない映像が連発されている。主人公たちの友情を中心に据えた前作とは打って変わって、本作では彼らに訪れた転機、そして破滅へのカウントダウンが描かれる。そうした暗うつな雰囲気が物語に更なる奥行きを与えており、戦闘シーン一つとっても、前作とはまるで印象の違う仕上がりとなっているのだ。

 この第2作での出来事を機に、物語が取り返しのつかない領域に足を踏み入れることになるのは、原作をすでに読んでいる人ならば承知の通り。原作は未読という人も、今回の予告編映像からそういった予感をひしひしと肌で知ることになる。マンガを単にアニメーション化したのではなく、アニメーションという表現が持つ力、そしてテレビではなく劇場だからこそできるスケール感を生かし、独立した映像作品として歩み始めた映画『ベルセルク』。そのクオリティーや手法は、これからの劇場アニメーションの存在を考える上で、一つの指標となるに違いない。(編集部・福田麗)

映画『ベルセルク 黄金時代篇II ドルドレイ攻略』は6月23日より全国公開


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2012年
  3. 3月
  4. 20日
  5. これが劇場アニメの新世界!映画『ベルセルク』第2弾予告編が解禁!そして、破滅への扉が開く…