ADVERTISEMENT

「ベルセルク」漫画家・三浦建太郎さん死去 享年54歳

「ベルセルク」1巻書影
「ベルセルク」1巻書影 - 『ベルセルク』(C)三浦建太郎

 20日、アニメ・映画化もされた人気漫画「ベルセルク」などで知られる漫画家の三浦建太郎さんが、5月6日に急性大動脈解離のため亡くなったと、掲載誌「ヤングアニマル」を発行する白泉社がオフィシャルサイトを通じて発表した。

 同社では「漫画家の三浦建太郎先生が、2021年5月6日14時48分、急性大動脈解離のため、ご逝去されました。享年54歳でした。三浦先生の画業に最大の敬意と感謝を表しますとともに、心よりご冥福をお祈りいたします」と発表。告別式は家族にて執り行われた。

三浦建太郎先生近影(2019年12月)撮影:佐治純一

 また、ヤングアニマル編集部も追悼コメントを発表。「この受けいれがたい事実をどのように捉えたらいいのか。正直、言葉が見つかりません。思い出されるのは、編集部の人間に会うと、いつも朗らかにご自分の好きな漫画やアニメ、映画の話などを楽しく語っていた時の笑顔ばかりです。我々は三浦先生の怒った顔を見たことがありません。いつも楽しそうな少年のような方でした」と振り返り、ファンや関係者に向けて「三浦先生の楽しそうな笑顔を想像していただき、ヤングアニマル編集部と共に静かにご冥福を祈っていただければと存じます」と呼びかけている。

 作品の公式Twitterでは、ヤングアニマル編集長、並びに担当編集者の追悼コメントを投稿。単行本未掲載分の刊行を含めた詳細は、今後、ヤングアニマル本誌並びに公式サイトで告知するとしている。(編集部・入倉功一)

ADVERTISEMENT
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

ADVERTISEMENT