シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

松山ケンイチ&貫地谷しほり、昨年急逝した森田芳光監督へ感謝のメッセージ

松山ケンイチ&貫地谷しほり、昨年急逝した森田芳光監督へ感謝のメッセージ
松山ケンイチ&貫地谷しほり

 昨年12月に急逝した森田芳光監督の遺作となった映画『僕達急行 A列車で行こう』の初日舞台あいさつが24日に行われ、主演の松山ケンイチ、共演者の貫地谷しほり、村川絵梨が登壇してそれぞれ森田監督へ感謝のメッセージを送った。

 本作で鉄道オタクを演じた松山は「森田監督から言われた『人間が真面目に生きているところに生まれる笑いをとらえたいから、人を笑わせようとする寒い演技はやめてくれ』という言葉がすごく印象に残っている。また、どの現場でも、常に人と接するのを楽しんでいて、そういうポジティブな姿勢でいることの素晴らしさを僕に教えてくれた。このことにお礼を言いたいです」と感謝のメッセージを送っていた。

 一方、貫地谷も「撮影当時は暑くて、森田監督が防災ずきんみたいな帽子をかぶって、すごく汗を流しながら撮影していたこともありました。そんな中、わたしは普段物事をじっくり考えるタイプではないけれど、撮影中に森田監督から繰り返しダメ出しをされて、何がいけないのか自問自答しながら取り組んでいました。今思うとそういう環境にいたことがすごく幸せで、ありがたいことだったと感じています」とメッセージを送った。

 また、この日は劇中のセリフに「少し好き」というセリフがあることにちなみ、それぞれが「少し好き」なものを告白する場面も。松山は「ギャンブルですね。『少し好き』な程度にしておかないとマズイものなので。でも、そういうふうに言うのは大好きってことですね(笑)」と実はギャンブル好きであることをうかがわせるような発言をして会場を沸かせていた。

 『僕達急行 A列車で行こう』は大企業で働くマイペースな青年(松山)と下町の鉄工所の跡取り息子(瑛太)が、大好きな鉄道を通して友情を築き、恋に仕事に悪戦苦闘する姿を描くハートフルコメディー。(古河優)

映画『僕達急行 A列車で行こう』は全国公開中


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2012年
  3. 3月
  4. 24日
  5. 松山ケンイチ&貫地谷しほり、昨年急逝した森田芳光監督へ感謝のメッセージ