シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.

『モテキ』3週連続トップ! 強力プッシュで『カウボーイ&エイリアン』『新少林寺』がランクアップ!【週間レンタルランキング】

『モテキ』3週連続トップ! 強力プッシュで『カウボーイ&エイリアン』『新少林寺』がランクアップ!
『モテキ』の強さは圧倒的!? その中で2位まで食い込んだ『カウボーイ&エイリアン』 - (C) 2011 PARAMOUNT PICTURES ALL RIGHTS RESERVED

 4月2日付けのTSUTAYAレンタルDVD/ブルーレイランキングは、『モテキ』が3週連続の1位となった。初登場では惜しくも2位だったが、その後3週に渡り首位をキープする根強い人気ぶりを見せている。

 2位は先週からスリーランクアップの『カウボーイ&エイリアン』。レンタルに強いSFアクションであり、TSUTAYA CLUB MAGAZINE 4月号で表紙を飾る強力プッシュが効いてきたものと思われる。同じくTSUTAYAのプッシュで3位に上昇したのが『新少林寺/SHAOLIN』。TSUTAYA限定レンタルとして、大作並みに店頭に並べられており、ようやくユーザーの関心が高まったようだ。

 4位は先週からツーランクダウンの『アンフェア the answer』。劇場公開時の興行ランキングは2週連続1位だったので、レンタル人気の失速が早い。公開時は20代~40代の女性の支持が多く、レンタルでは男性へ人気が広がっていないものと思われる。7位は初登場の『DOG×POLICE 純白の絆』。配給元の東宝によると、公開時の客層は男女比38対62、20代が25.5パーセント、16~19歳が23.6パーセントと、10代後半~20代女性が中心で、『アンフェア~』と同じく男性ユーザーへの広がりが弱かったと思われる。

 9位は先週と同じく『劇場版マクロスF~サヨナラノツバサ~』。TSUTAYA先行レンタルで、CLUB MAGAZINEでも紹介。オリジナルポストカードもプレゼントするプッシュぶりだが、人気は広がっていない様子。『八日目の蝉』は息の長い人気。今週は11位だが、日本アカデミー賞効果により3月5日付けランキングで16位から8位に再浮上。1か月にわたりトップ10入りを果たした。邦画ドラマは洋画アクションに比べるとレンタルで弱いジャンルだが、アニメよりは強いといえそうだ。

今週のランキングは以下の通り(カッコ内は先週の順位)
1位『モテキ』(1位)、2位『カウボーイ&エイリアン』(5位)、3位『新少林寺/SHAOLIN』(6位)、4位『アンフェア the answer』(2位)、5位『マネーボール』(4位)、6位『ミッション:8ミニッツ』(3位)、7位『DOG×POLICE 純白の絆』(初登場)、8位『猿の惑星:創世記(ジェネシス)』(7位)、9位『劇場版マクロスF~サヨナラノツバサ~』(9位)、10位『ワイルド・スピード MEGA MAX』(8位)

 来週は、邦画の話題作『スマグラー おまえの未来を運べ』(3日レンタル)が登場。どこまでランキングに食い込むか。『モテキ』が『猿の惑星:創世記(ジェネシス)』『ワイルド・スピード MEGA MAX』の3週連続トップを上回ることができるかにも注目したい。(取材・文:相良智弘)


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2012年
  3. 4月
  4. 3日
  5. 『モテキ』3週連続トップ! 強力プッシュで『カウボーイ&エイリアン』『新少林寺』がランクアップ!