シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

日本のラブストーリーは素晴らしい! 華流期待の新星アレックス・ルーが大絶賛!

日本のラブストーリーは素晴らしい! 華流期待の新星アレックス・ルーが大絶賛!
華流期待のイケメン俳優アレックス・ルー - (c)高野広美/シネマトゥデイ

 日中友好40周年記念映画『明日に架ける愛』で、市井紗耶香と共にダブル主演を果たした中国北京出身の俳優アレックス・ルーが、「日本のラブストーリーには独特の魅力がある」と絶賛、日本語の勉強も兼ねて日本の映画やドラマを観まくっていることや、将来の野望について明かした。

 多くの有名監督や人気俳優を排出した中国の名門映画学校「BEIJING FILM ACADEMY」を卒業後、国内の舞台やCMで活躍し、2009年に日本進出を果たしたアレックス。初の映画主演作となる『明日に架ける愛』では、中国ファッション界のやり手ディレクター・ユウアンを熱演、ヒロインの悠子を演じる市井紗耶香らと日本語でやりとりをする芝居も披露している。また、映画の主題歌「Brave your heart」を倉木麻衣と共に歌うなど、マルチな才能を発揮する華流期待の若手俳優だ。

 インタビューにもほとんど通訳なしで答えるほど流ちょうな日本語を話す彼だが、語学の勉強を始めてからまだ3年ほどとのこと。今でも休みの日には、日本の映画やドラマを観ながら演技や日本語の独学を続けているそうだ。「お気に入りの邦画は『恋空』と『ハナミズキ』。日本のラブストーリーが大好きなんです」と瞳を輝かすアレックスは、その理由について「中国や韓国のラブストーリーとは切り口が違って、物語や画(え)作りに独特の情緒が感じられるから」と熱弁。勉強熱心な努力家としての真剣な表情を浮かべる一方、「昔の日本映画で描かれる女性は、中国人よりも優しくて上品でステキです!」と笑う様子は、まるで無邪気な少年のようだ。

 日本人の俳優では木村拓哉とオダギリジョーに注目しているそうで、「機会があったらぜひ共演してみたい」と語るアレックス。さらに、「韓流の若手俳優は日本でも人気だけど、中国の俳優ではあまり有名な人がいない。いつか、僕が華流代表になれたらうれしいです」と大いなる野望を打ち明けた。持ち前のバイタリティーと探究心を踏まえると、彼が夢をかなえる日はそう遠くないだろう。(斉藤由紀子)

映画『明日に架ける愛』は公開中


【関連情報】
関連作品

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2012年
  3. 4月
  4. 9日
  5. 日本のラブストーリーは素晴らしい! 華流期待の新星アレックス・ルーが大絶賛!