シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.

ベネチア国際映画祭のクロージング作品 ホイット・スティルマン監督14年ぶりの新作『ダムゼルズ・イン・ディストレス』とは?(1/2)

ベネチア国際映画祭のクロージング作品 ホイット・スティルマン監督14年ぶりの新作『ダムゼルズ・イン・ディストレス』とは?
(左)グレタ・ガーウィグ、(右)ホイット・スティルマン監督

 映画『メトロポリタン』や『バルセロナの恋人たち』を手掛けたホイット・スティルマン監督が、映画『抱きたいカンケイ』のグレタ・ガーウィグとともに新作『ダムゼルズ・イン・ディストレス(原題) / Damsels in Distress』について語った。

 同作は、転校生(アナリー・ティプトン)と3人の女子大生(グレタ・ガーウィグ、キャリー・マクレモア、メガリン・エキカンウォーク)が、男子に支配されているセブン・オーク大学の風紀を変えながら、校内にある自殺防止センターで悩める学生たちを救っていこうとする青春コメディ。監督は、映画『ラスト・デイズ・オブ・ディスコ』(日本未公開)のホイット・スティルマンが、久々にメガホンを取っている独立系映画の注目作品でもある。

 今作が、1998年に制作した前作『ラスト・デイズ・オブ・ディスコ』から年月が掛かったことについて、ホイット・スティルマン監督は「この企画のために、あっちこっちで予算を提供してくれる人たちをプロデューサーとして探さなかったから、こんなにも長い期間製作できないという失敗に至ったんだ……(これまでの作品で彼は監督だけでなく、プロデューサーも担当してきている)。しかも僕は、この映画の予算の捻出を当初ほかの人に委ね、ほかの脚本を次々に仕上げようとしていたことが余計に今作の製作を悪化させてしまったんだ。もちろんそのおかげで、あらゆる脚本を執筆することができたけど、結局はこれらの脚本が製作まで進展していなかったことに気付くのが遅過ぎたんだよ……」と語った。それまでアメリカで好評価を受けてきた彼でさえ、時間の掛かるプロセスだったようだ。

 3人の女子大生の中でもリーダー的存在のヴァイオレット役を演じたグレタ・ガーウィグは「ヴァイオレットは、わたしがこれまで演じた役の中でも一番好きな役よ。特に、彼女の情熱と理想主義なところに共感が持てて、わたし自身もそれらを持ち合わせていると思うけれど、わたしは彼女よりは少し自信がなくて、それらをあまり表現できないの。もっとも、お酒を飲めば、もっと開放的に話すけれどね……(笑)」とキャラクターについて話してくれた後、このようなアンサンブルキャストの中で演じてみて「毎朝、ほかの俳優たちとミニバンに乗ってセットに向かう途中で、台詞の早読みの練習をしながら、映画に必要なクオリティを見出していったの」と語る通り、グレタ・ガーウィグがほかの生徒の前で言葉をまくしたてるシーンがたくさんあって、そこが妙に彼女にハマっている。


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2012年
  3. 5月
  4. 6日
  5. ベネチア国際映画祭のクロージング作品 ホイット・スティルマン監督14年ぶりの新作『ダムゼルズ・イン・ディストレス』とは?