シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.

岡本夏生、結婚する可能性は1%もなし!?「するとしてもお金は掛けない」

岡本夏生、結婚する可能性は1%もなし!?「するとしてもお金は掛けない」
1時間しゃべり倒した岡本夏生

 19日、花嫁介添人(ブライズメイド)たちが巻き起こす大騒動を描いたコメディー映画『ブライズメイズ 史上最悪のウェディングプラン』の人生ガチンコトーク付き試写会が都内で行われ、応援団長として出席した岡本夏生が「結婚する可能性は1%もないわ。もしするとしてもお金は掛けない」と46歳の女心を明かした。

 本作は、全米で『セックス・アンド・ザ・シティ』を抜いて興行収入1億ドルを突破する大ヒットを記録した作品。公私共にがけっぷち状態のアラフォー女子たちの本音が満載のストーリーで、強烈な個性にあふれた女性たちが観る者を圧倒する、まさに岡本にぴったりの作品。岡本は「この映画、わたしが応援しなくてどうするの!」としゃべりまくり、会場を大いに沸かせた。

 この日の岡本は劇中から抜け出してきたかのような金髪のウィッグとど派手なピンクのワンピース姿で登場し、最初から「笑いを混ぜながら、女性の気持ちを伝えているのがこの映画よ!」と会場に向かってハイテンションでしゃべり続け、「いろんな映画を応援したけれどこれほど力の入った映画は初めて」とすっかり作品にはまっている様子。映画PRのテレビナレーションも初めて務めたという岡本は「わたしの言葉が採用されたの。岡本、脚本やりました。三谷幸喜を超えたわ!」と喜びをあらわにした。

 さらに、「キャストたちの等身大のセリフが最高で、観れば観るほど深いの!わたしは5回観ているけど、まだまだ観るわよ。元気、勇気、夏生をもらったわ!」と大絶賛。そして、「日本でこの映画を撮るとしたら主役はわたししかいない!」と言いたい放題。それでも岡本のこの映画への熱い思いは観客へと、しっかり伝わったようだった。

 主演、脚本を、『宇宙人ポール』などに出演しているコメディエンヌ、クリステン・ウィグが務めた映画『ブライズメイズ 史上最悪のウェディングプラン』には、そのほか、メリッサ・マッカーシー、ローズ・バーン、大御所グレン・クローズなど実力派女優陣が出演。パワフル演技が見どころの作品となっている。(福住佐知子)

映画『ブライズメイズ 史上最悪のウェディングプラン』は4月28日よりヒューマントラストシネマ渋谷ほか全国にて公開


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2012年
  3. 4月
  4. 19日
  5. 岡本夏生、結婚する可能性は1%もなし!?「するとしてもお金は掛けない」