シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.

メル・ギブソン、暴言テープが再び…脚本家をなじる様子を録音したテープが公開

メル・ギブソン、暴言テープが再び…脚本家をなじる様子を録音したテープが公開
またまた暴言を吐いてしまったメル・ギブソン

 ユダヤ教の英雄を描く映画『ザ・マカビーズ(原題) / The Maccabees』をめぐり、監督・主演が予定されているメル・ギブソンと脚本家ジョー・エスターハスの関係がこじれている問題で、メルがエスターハスを激しくなじっている様子が録音されたテープが公開された。

 この問題は、エスターハスの脚本を製作スタジオのワーナー・ブラザーズ映画が却下したところから発展した。エスターハスは、「製作が進まないのはメルがユダヤ人のことが嫌いだから」「メルはこの映画を自分の汚名返上のために利用しているだけ」と主張し、メルに対して怒りの手紙を綴った。手紙には、エスターハスがメルの家で脚本に取り組んでいたとき、メルが繰り返しユダヤ人を侮蔑する言葉を使ったり、エスターハスに怒鳴ったりした、と書かれていた。これに対し、メルは返信の手紙を書き、「長時間をかけて企画を練っているのに脚本がまったく書けていないことに腹がたった」とし、製作が進まないのは脚本に納得していないからだと反論していた。

 問題のテープは、ウェブサイト「The Wrap」が公開したもので、昨年12月にエスターハスがコスタリカにあるメルの家を訪問した際、エスターハスの15歳の息子がi-Phoneを使って録音したもの。メルは、「第一稿も無いのはなぜだ? 一体何をしていたんだ!?」と脚本ができていないことに怒りを爆発させ、罵りや「Fワード」とともに、「俺を利用しようとする薄汚いやつらのために金を稼いでいるんだ!」と叫んでいる。また、「憎い」「あばずれ」などといった言葉も発している。

 メルが暴言を吐いた様子が録音されたのはこれが初めてではない。元恋人オクサナ・グリゴリエヴァとの関係がこじれた際は、オクサナに対し、公共の電波で放送できないような言葉や人種差別的言葉で罵っている様子が録音され、公開されている。メルは今回のゴタゴタについてエスターハスに対し法的措置をとることも考えているというが、暴言に関しては前歴があるだけに、今回の録音テープはメルがまだ怒りのコントロールができないと思われてしまう可能性も。私生活でのトラブルからようやく抜け出し映画界へ再び戻ってくると思われている大事な時期、今後のメルの動向が注目される。(竹内エミコ)


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2012年
  3. 4月
  4. 26日
  5. メル・ギブソン、暴言テープが再び…脚本家をなじる様子を録音したテープが公開