シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.

ザ・ブルーハーツ「リンダリンダ」が舞台に!「ショムニ」の高橋由美子がすっかり姉御肌に!

ザ・ブルーハーツ「リンダリンダ」が舞台に!「ショムニ」の高橋由美子がすっかり姉御肌に!
高橋由美子

 8日、imagineスタジオで舞台「リンダリンダ」製作発表会見が行われ、松岡充、伊札彼方、星野真里、丸尾丸一郎(劇団鹿殺し)、高橋由美子、大高洋夫、そして作・演出を務める鴻上尚史が出席、意気込みを語った。

 「リンダリンダ」は、ABBAの楽曲を使用したミュージカル「マンマ・ミーア!」に触発された鴻上が、ザ・ブルーハーツの曲を全編に使用して作、演出を手掛けた音楽劇。演劇ファンのみならず、音楽ファンをも熱狂の渦に巻き込んだ舞台となったが、このたび2004年の初演からおよそ8年の年月を経て、再演が決定。会見に登場した鴻上は「音楽劇は再演とブラッシュアップで育っていくもの。すぐにでもこの舞台をやりたいと思っていた。第3舞台を解散させて、次に進むために、この舞台ができるのはうれしい」と気合十分だ。

 「初めて会ったような気がしない。このまま楽しすぎると(けいこが)進まないんじゃないかというくらい」と松岡が語る通り、すでに顔合わせを済ませたキャスト陣のチームワークはバッチリな様子。中でも高橋はキャスト陣から一目置かれているようで、「けいこ場は高橋姉さんが牛耳っていますから」と切り出すと、ベテランの大高までが「今回は由美子姉さんがいますから」と高橋の姉御肌な側面を明かす。

 そんなキャスト陣のコメントを受けた高橋は「たまたま歌唱指導の先生と知り合いだったから、そう見えただけ。けいこ場は牛耳っていません」と反論したが、その後の「(ロックということで)最近の反抗は?」との質問に「すべてにおいて反抗というか、戦っています。それはどの現場でもそう。もちろん何が嫌とか、そういう話ではなくて、自分の中のプランと観ているお客さんとの距離感をどう埋めるか。そういう戦い。ですから前を向いて頑張るだけです」と返答。松岡はしみじみと「かっこいいんだよなぁ……」と高橋に心酔した表情を見せた。(取材・文:壬生智裕)

舞台「リンダリンダ」は6月20日から7月22日まで東京・紀伊國屋サザンシアターにて、7月28日から30日まで大阪・森ノ宮ピロティホールにて、8月2日、3日、福岡・ももちパレスにて上演


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2012年
  3. 5月
  4. 8日
  5. ザ・ブルーハーツ「リンダリンダ」が舞台に!「ショムニ」の高橋由美子がすっかり姉御肌に!