シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.

クリスチャン・ベイル、ドリュー・バリモアに振られた過去

クリスチャン・ベイル、ドリュー・バリモアに振られた過去
今はお互い幸せだからノープロブレム!- クリスチャン・ベイルとドリュー・バリモア - Paul Morigi / WireImage / Getty Images

 映画『ダークナイト ライジング』のクリスチャン・ベイルが、10代の頃に女優のドリュー・バリモアとデートし、一度きりで振られていたことを明かした。

 男性誌「GQ」オーストラリア版でインタビューに答えたクリスチャンは、「一緒に、ひどいホラー映画を見に行ったんだ。それっきり終わりになってしまった」と当時の様子を告白。ふたりがどういった経緯で知り合いになりデートにこぎつけたのかは語らなかったものの、「その後は、彼女から二度と電話はなかった」と、たった一度きりのデートで終わるほろ苦い思い出となってしまった。

 13歳でスティーヴン・スピルバーグ監督の映画『太陽の帝国』へ出演したクリスチャン。一方ドリューも、赤ちゃん時代からコマーシャルへ出演し、10代の頃にはすでに人気女優としての地位を確立した「子役」出身の俳優。同じ境遇のふたりだけに息があうかと思いきや、恋愛関係には発展しなかったよう。

 クリスチャンは2000年に妻サンドラと結婚、現在7歳の娘がいる。一方ドリューは、二度の離婚を経験し、様々な俳優やセレブと恋愛を重ねたが、現在はウィル・コッぺルマンと婚約中で、女の赤ちゃんを妊娠中。20年の歳月を経て、それぞれに幸せをつかんでいるようだ。(竹内エミコ)


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2012年
  3. 6月
  4. 4日
  5. クリスチャン・ベイル、ドリュー・バリモアに振られた過去