シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

『ホタルノヒカリ』女性からの圧倒的支持で初登場トップ!『テルマエ・ロマエ』は公開7週目でベスト3キープ!【映画週末興行成績】

『ホタルノヒカリ』女性からの圧倒的支持で初登場トップ!『テルマエ・ロマエ』は公開7週目でベスト3キープ!
ドラマ人気そのままに、『ホタルノヒカリ』がトップ獲得! - (C) 2012「映画 ホタルノヒカリ」製作委員会

 今週の興行ランキングは、綾瀬はるか主演のテレビドラマを映画化した『映画 ホタルノヒカリ』が初登場で首位を獲得、全国316スクリーンで公開され土日成績は動員24万2,821人、興収3億1,365万750円となった。

 客層の男女比は17対83で、女性客が圧倒的。年齢別では20代29.8パーセント、30代18.1パーセント、16~19歳16.9パーセント、40代15.4パーセント、50代10.2パーセントと幅広い層に支持を集めている。職業別では会社員が約半数。鑑賞の動機としては「テレビドラマ版が好き」41.1パーセント、「綾瀬はるかが好き」15.2パーセントとなった。配給元の東宝では「興収20億円突破に向け大ヒットスタート」としている。

 2位の『メン・イン・ブラック3』はワンランクダウンだが、公開3週目で土日成績は動員20万2,096人、興収3億1,502万4,700円。興収前週比74.9パーセントと落ちの少ない興行を展開し、興収では首位をキープしている。累計動員は149万6,852人、累計興収は22億2,011万6,400円と早くも興収20億円を突破した。

 『テルマエ・ロマエ』は3位と公開7週目でベスト3圏内。土日成績は12万391人、1億6,332万8,900円で、土日興収は前週比で80.2パーセントと相変わらずの強さを見せている。公開4週目の『ダーク・シャドウ』は4位でワンランクダウン。5位にはマット・デイモン主演の『幸せへのキセキ』が初登場。全国457スクリーンの公開で、土日成績は動員7万4,229人、興収8,972万4,700円。公開から3日間の成績は動員9万5,356人、興収1億1,365万1,500円となった。

 その後は、6位『ファイナル・ジャッジメント』、7位『ガール』、8位『貞子3D』、9位『外事警察 その男に騙されるな』、10位『宇宙兄弟』と続く。『ソウル・サーファー』は11位と惜しくも圏外スタートとなった。

 今週末は『スノーホワイト』『愛と誠』『臍帯』『発情アニマル アイ・スピット・オン・ユア・グレイヴ1978』『図書館戦争 革命のつばさ』『ハングリー・ラビット』『絆 ~キズナノキオク~』『希望のシグナル 自殺防止最前線からの提言』『ベルフラワー』『あんてるさんの花』『一枚のめぐり逢い』『からっぽ』などが公開予定となっている。(ランキングなどは興行通信社調べ)(取材・文:壬生智裕)


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2012年
  3. 6月
  4. 12日
  5. 『ホタルノヒカリ』女性からの圧倒的支持で初登場トップ!『テルマエ・ロマエ』は公開7週目でベスト3キープ!