シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

ピクサー作品、13作連続のデビュー週末トップ!新作『メリダとおそろしの森』が今週のキングに! -6月25日版【全米ボックスオフィス考】(1/2)

ピクサー作品、13作連続のデビュー週末トップ!新作『メリダとおそろしの森』が今週のキングに! -6月25日版
「弓の使い手のあたしが最強……いや、数か月前にあたしと同じ弓使いがいたみたいね……あの子にはかなわないわ!」 -映画『メリダとおそろしの森』より - (C) Disney / Pixar.All Rights Reserves.

 スコットランドを舞台に、弓の使い手で赤毛のお姫様が大活躍するディズニー/ピクサーの新作アニメ映画『メリダとおそろしの森』が6,632万ドル(約53億560万円)をたたき出して全米トップに輝いた。この作品は、封切り週末に第1位を記録したピクサー作品13本目となる。6月から夏休みの始まるアメリカの子どもたちをターゲットに、4,164か所の上映館デビュー公開されたこの映画は、アメリカで2億ドル(約160億円)以上の興収を記録した映画『ウォーリー』のオープニング興収を抜くほどの勢いだ。(1ドル80円計算)

 ディズニーは、お姫様を主人公にした『メリダとおそろしの森』を男の子たちにもアピールするため特殊なPR作戦を行い、例えばテレビで見せる予告編やプロモーションビデオでは、男の子たちに人気のある番組の時間帯には、『メリダとおそろしの森』に出てくるイタズラ好きな三つ子のキャラたちにフォーカスしたものを流し、女の子に人気のある番組のCMでは主人公のメリダ姫の活躍に焦点を絞った予告編を流した。このような綿密なプロモーションに加え、映画批評サイトの「シネマスコア」の評判もいいということで来週以降も好成績を維持する可能性が高い。

 さて、先週の2週連続トップから第2位に後退したのは映画『マダガスカル3』。それでも343の上映館が減ったというのにデビュー3週目にして下降率42パーセントでも、興収は1,971万ドル(約15億7,680万円)とこちらも夏休みに入った子どもたちの恩恵にあずかったようだ。今週第3位で1,631万ドル(約13億480万円)の興収を上げたのは、セス・グレアム=スミスの人気小説を基にした映画『リンカーン/秘密の書』。アメリカの大統領として有名なリンカーンが母をヴァンパイアに殺され、復讐(ふくしゅう)のために訓練を行い、陰のスーパー・ヒーローになって活躍していたという何とも奇抜なストーリー。ハチャメチャな映画と思いきや、ストーリーが当時の社会問題であった奴隷解放や南北戦争などの史実も盛り込んでおり、なかなか実のあるアクション・ドラマに仕上がっている。

 第4位は、991万ドル(約7億9,280万円)で映画『プロメテウス』。先週から52パーセントダウンとなっている。来週はトップ5圏外に落ちてしまいそうだが、取りあえず現在までにアメリカ国内のみで1億845万ドル(約86億7,600万円)の興収を上げている。第5位はギリギリで先週と同じ順位に踏ん張った、映画『スノーホワイト』で809万ドル(約6億4,720万円)。今年は映画『ハンガー・ゲーム』に始まり、今週トップの『メリダとおそろしの森』、そして『スノーホワイト』とボックスオフィスでは女ヒーロー活躍の年といって良さそうだ。


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2012年
  3. 6月
  4. 26日
  5. ピクサー作品、13作連続のデビュー週末トップ!新作『メリダとおそろしの森』が今週のキングに! -6月25日版