シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.

『SR サイタマノラッパー』シリーズの最終章がニューヨークで上映!アメリカ人にも高評価(1/2)

『SR サイタマノラッパー』シリーズの最終章がニューヨークで上映!アメリカ人にも高評価
入江悠監督

 現在ニューヨークのジャパン・ソサイエティで開催されているイベント、ジャパン・カッツで、インディーズ映画として大ヒットした映画『SR サイタマノラッパー』シリーズの最終章『SR サイタマノラッパー ロードサイドの逃亡者』が上映され、入江悠監督がその新作について語った。

 同作は、埼玉のヒップホップ・グループ「SHO-GUNG」の仲間と別れ、上京したマイティ(奥野瑛太)は、ヒップホップ・クルーの“極悪鳥”のパシリをしながらメンバーに入って、ラッパーになる夢を見ていた。ところが、ある事件に巻き込まれ追われる身になってしまうというドラマ作品。

 『SR サイタマノラッパー』の第3弾を製作することになった経緯は「1作目が終わってから、都会に行った奴と、まだ地元に残っている奴の対比を描きたかったんです。それにこれまでのシリーズでは、ヒップホップのライブシーンをまだやっていなかったので、東京でそういうライブをやっている主人公を描こうとも思ったんです。個人的に、ヒップホップのライブに行くのが好きで、ちょくちょく観に行っていました。ただ、MCバトルというヒップホップ特有の文化なので、それについては実際に話を聞いてリサーチしました」と明かした。

 そのMCバトルについて「MCバトルのシーンでのマイティとその対戦相手も、すべて僕が何を歌うか決めています。このMCバトルでは、最初の予選段階では実際にアマチュアで歌っている人たちに出演してもらい、マイティが予選を勝ち上がっていくにつれ、その対戦相手もアルバムを出しているような人たちに参加してもらっています」と語る通り、このMCバトルも映画の魅力の一つになっている。

 映画『ムカデ人間』などでアメリカでも活躍する北村昭博をキャスティングしたことについて「たまたま、彼の出演した映画『ムカデ人間』の日本上映の際に、彼と一緒に東京でトークショーをやったんです。そのとき彼は、日本の映画に出たい、『SR サイタマノラッパー』シリーズの新作を製作すると聞いたので、ぜひ出演させてくれないかと、僕に言ってきたのですが、その時はまだこの新作の脚本を執筆中だったので即答はしませんでした。でも彼がL.Aに帰ってから、ちょうど良い役があるからと連絡して、彼に出演をお願いすることになりました。彼はエネルギーのある俳優なので、周りの役者も盛り上げていましたね」と息が合ったようだ。


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2012年
  3. 7月
  4. 29日
  5. 『SR サイタマノラッパー』シリーズの最終章がニューヨークで上映!アメリカ人にも高評価